サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 1章 電気電子材料の主な種類と分類
    • 1・1 電気電子材料について学ぶにあたって
    • 1・2 構成原子の空間的構造による電気電子材料の分類
    • 1・3 機能性による電気電子材料の分類
    • 演習問題
  • 2章 結晶構造と結合状態・電子状態
    • 2・1 結晶
    • 2・2 原子の結合とエネルギー準位
    • 2・3 結晶のエネルギーバンド
    • 2・4 分子のエネルギー準位
    • 演習問題
  • 3章 電気電子材料の主な作製方法
    • 3・1 結晶材料の成長方法
    • 3・2 エピタキシャル成長法
    • 3・3 化学気相堆積法
    • 演習問題
  • 4章 シリコン半導体
    • 4・1 シリコンウェハの作製プロセス
    • 4・2 n形Siおよびp形Siの作製プロセス
    • 4・3 シリコン素子の作製プロセスと集積化
    • 演習問題
  • 5章 化合物半導体
    • 5・1 化合物半導体材料とその用途
    • 5・2 混晶半導体
    • 5・3 ヘテロ接合
    • 5・4 プロセス技術
    • 5・5 デバイス構造,特性
    • 演習問題
  • 6章 誘電体・絶縁体
    • 6・1 誘電体材料の主な性質
    • 6・2 強誘電体材料
    • 6・3 酸化膜と絶縁膜の作製プロセス
    • 6・4 高誘電率のゲート絶縁膜
    • 6・5 低誘電率の配線層間膜
    • 演習問題
  • 7章 磁性体
    • 7・1 磁性体材料の主な特徴
    • 7・2 強磁性体材料とその用途
    • 7・3 反強磁性体材料とその用途
    • 7・4 巨大磁気抵抗材料と応用
    • 7・5 その他の磁性材料と応用
    • 演習問題
  • 8章 超電導体
    • 8・1 超電導状態とは
    • 8・2 主な超電導材料とその用途
    • 8・3 高温超電導材料とその用途
    • 演習問題
  • 9章 有機電子光機能材料
    • 9・1 有機材料の分類
    • 9・2 低分子系有機材料
    • 9・3 高分子系材料
    • 9・4 液晶材料
    • 演習問題
  • 10章 太陽電池材料
    • 10・1 太陽電池の特徴
    • 10・2 結晶材料(シリコン系,化合物系)
    • 10・3 アモルファス材料および微結晶材料
    • 10・4 有機薄膜太陽電池
    • 10・5 色素増感形太陽電池
    • 演習問題
  • 11章 光エレクトロニクス材料
    • 11・1 光エレクトロニクスとは
    • 11・2 基礎物性
    • 11・3 発光ダイオード
    • 11・4 レーザダイオード
    • 11・5 受光素子
    • 11・6 光導波路の応用
    • 演習問題
  • 12章 ワイドバンドギャップ半導体材料
    • 12・1 ワイドバンドギャップ半導体材料の特徴
    • 12・2 GaN
    • 12・3 SiC
    • 12・4 ダイヤモンド
    • 12・5 酸化物半導体
    • 演習問題
  • 13章 先端メモリ,スピントロニクスと燃料電池
    • 13・1 半導体メモリ
    • 13・2 スピントロニクス
    • 13・3 燃料電池
    • 演習問題
  • 14章 今後の発展が期待される材料
    • 14・1 テラヘルツ波応用
    • 14・2 フォトニックス材料
    • 14・3 ナノカーボン材料
    • 演習問題
  • 15章 電気電子材料の主な評価方法
    • 15・1 X線回折による結晶性評価
    • 15・2 ホール効果による電気的評価
    • 15・3 光学的評価
    • 15・4 微細構造評価
    • 15・5 元素分析
    • 演習問題