サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章
    • 1.問題意識
    • 2.本書の目的
    • 3.チェチェン問題を取り巻く研究とその課題
    • 4.本書の研究対象時期とその意義
    • 5.先行研究の整理と課題
    • 6.本書のアプローチ
    • 7.資料
    • 8.研究方法と本書の構成
  • 第1章 比較と理論の中のチェチェン紛争
    • 第1節 本書の分析枠組み
    • 第2節 紛争の発生とその特徴
    • 第3節 紛争移行過程の問題:平和定着と紛争再発のメカニズム
    • 第4節 紛争後の平和構築をめぐる問題:「未承認国家」
    • 第5節 ソ連邦・ロシア連邦におけるチェチェン
  • 第2章 第一次チェチェン紛争とその後の課題
    • 第1節 第一次チェチェン紛争までの経緯
    • 第2節 第一次紛争の進展と紛争終結
    • 第3節 マスハドフ政権誕生後のチェチェンにおける戦後課題
  • 第3章 マスハドフ政権の平和定着の試みと挫折(1997−99)
    • 第1節 マスハドフという指導者とその評価
    • 第2節 対露政策
    • 第3節 国内政策
    • 第4節 地域政策
    • 第5節 「外交」政策
  • 第4章 平和定着の失敗の多角的検討
    • 第1節 紛争研究の視座から
    • 第2節 対露交渉の視座から
    • 第3節 国内環境の視座から
    • 第4節 地域環境の視座から:ダゲスタン問題とのリンケージ
    • 第5節 平和定着の失敗と紛争要因の考察
  • 終章
    • 1.結論:「二重の対立構造」下の「複合的なディレンマ」と「状況悪化のスパイラル」
    • 2.チェチェン研究における本書の意義
    • 3.その後のチェチェン問題と本研究の含意
    • 4.紛争研究・平和構築研究における本研究の含意
    • 5.今後の課題