サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 ユーラシア近代帝国論へのいざない
    • 1 ユーラシア近代帝国を論じる意義
    • 2 帝国を見る視角と方法
    • 3 ユーラシアという場における近代帝国
    • 4 この巻の構成
  • 第Ⅰ部 帝国と近代
  • 第1章 国民帝国の編成と空間学知の機能
    • 1 ユーラシア周縁帝国・日本の空間位相
    • 2 ユーラシア地域大国への挑戦と挫折
    • 3 競存体制における国際共有財としての空間学知
    • 4 異法域結合における統治技法の遷移と統治人材の周流
    • 5 空間の可視化と帝国空間の拡張
  • 第2章 帝国とシャリーア
    • 1 帝国のシャリーア
    • 2 歴史的シャリーア
    • 3 シャリーアの「保護者」にして「改革者」
    • 4 オスマン的シャリーア
    • 5 オスマン的シャリーアと植民地的シャリーアの邂逅
  • 第Ⅱ部 帝国と周縁
  • 第3章 帝国へのまなざし
    • 1 「ヨーロッパを見聞する」
    • 2 イラン国王の欧州旅行(1873年)
    • 3 ヨーロッパを歴訪するアジアの君主・官僚
    • 4 アジアの君主たちの見たヨーロッパ
    • 5 君主制と「王室外交」のアジアとヨーロッパ
  • 第4章 帝国とジェンダー
    • 1 神智学者アニー・ベサントとインド
    • 2 白人女性と帝国
    • 3 アニー・ベサントとインドとの邂逅
    • 4 アニー・ベサントとインド女性
    • 5 白人女性の帝国責任とフェミニズム
  • 第5章 周縁から帝国への「招待」・抵抗・適応
    • 1 帝国間競争と「周縁」
    • 2 ロシア・清朝の中央アジア進出における現地諸勢力の役割
    • 3 帝国間の対抗関係の現地諸勢力による利用
    • 4 異教徒支配の正当化の論理と抵抗・妨害
    • 5 近代化・文化運動にとっての帝国の意義とアイロニー
  • 第Ⅲ部 帝国の崩壊と世界秩序の再編
  • 第6章 第1次世界大戦と帝国の遺産
    • 1 帝国とナショナリズム
    • 2 第1次大戦に先立つ時期の帝国と従属民族のナショナリズム
    • 3 第1次大戦における帝国と従属民族のナショナリズム
    • 4 帝国の崩壊と帝国の遺産
    • 5 ユーラシアの境界領域における帝国の遺産
    • 6 今日なお残る帝国の遺産
  • 第7章 経済開発・工業化戦略と脱植民地化
    • 1 アジア諸国の工業化戦略と脱植民地化
    • 2 インドの脱植民地化とネルー政権による経済外交の展開
    • 3 ソ連の「経済的攻勢」とインドの輸入代替工業化
    • 4 香港の再植民地化と輸出志向型工業化
    • 5 地域大国の形成と帝国支配の遺産,アジア国際秩序
  • 第8章 「非公式帝国」アメリカとアジアの秩序形成
    • 1 アメリカの戦後秩序形成と分析視角
    • 2 戦後アジア秩序の形成と蔣介石政権
    • 3 吉田親米政権の樹立とアメリカのヘゲモニー支配
    • 4 韓国のナショナリズムとアメリカのヘゲモニー
    • 5 「非公式帝国」アメリカとアジアのナショナリズム
  • 第9章 「帝国」としての中国
    • 1 「帝国」の記憶と国権回収
    • 2 ナショナリズムと過去の記憶
    • 3 帝国主義とアジア主義
    • 4 戦後中国における「帝国」の記憶
  • 終章 帝国・地域大国・小国
    • 1 地域大国にとっての帝国/植民地経験と現在
    • 2 帝国論から見る地域国際秩序
    • 3 グローバル化論・帝国論・小国論