サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • 序章
    • 一 問題の所在と本書の視座
    • 二 国家医学から帝国医学へ
  • 第Ⅰ部 テムズ河
  • 第1章 変容するロンドンの暮らし
    • 一 人口の急増と食糧問題・衛生問題
    • 二 農芸化学の誕生と肥料の大量輸入
    • 三 チャドウィックとファー
    • 四 テムズ河の汚染
    • 五 リービヒの発酵および伝染病理論
  • 第2章 屎尿の利用と衛生施策
    • 一 衛生政策に着手する
    • 二 首都下水道委員会
    • 三 ヴィクトリア時代を代表する大工事
    • 四 資産としての屎尿
    • 五 リービヒを担ぎ出したシティ
    • 六 感謝状とその後
    • 七 屎尿灌漑と病原毒素
  • 第Ⅱ部 漂う微生物の本性を追う
  • 第3章 コンタギオンからジャームへ
    • 一 産褥熱から病院熱へ
    • 二 ボーダレス時代
    • 三 リスターの化膿防止法と発酵研究
  • 第4章 病原菌理論の時代
    • 一 バードン−サンダーソンと生体解剖反対運動
    • 二 進化論と病原菌
  • 第5章 ロンドン国際医学大会
    • 一 世界の名士が一堂に
    • 二 微生物学の全面展開
    • 三 真に国際的な会議
    • 四 公衆衛生から国家医学へ
    • 五 ロンドン国際医学大会の意義
  • 第Ⅲ部 スエズ運河
  • 第6章 コレラとスエズ運河
    • 一 一八八三年のエジプトにおけるコレラ流行の注目点
    • 二 「コレラとコンマ菌に関するコッホの理論を論駁する」
    • 三 スエズ運河をめぐる情勢
    • 四 エジプトにおけるコレラの流行
    • 五 フランスおよびドイツのコレラ調査団
    • 六 ドイツとフランスの動静
  • 第7章 病原菌と帝国
    • 一 イギリスの反撃準備
    • 二 クラインとギビースのコレラ調査
    • 三 報告書の提出とローマ国際衛生会議
    • 四 報告書検討委員会メモ
    • 五 「論駁」の国内評価
    • 六 医学は帝国の道具なり
  • 終章
    • 一 団結して闘う医師たち
    • 二 本書を振り返って