サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

図書館サービス概論 第2版

図書館サービス概論 第2版 (ライブラリー図書館情報学)

  • 金沢 みどり(著)/ 金沢 みどり(監修)/ 大串 夏身(監修)
  • 第1章 図書館サービスの意義と基本
    • 第1節 図書館サービスの意義
    • 第2節 図書館サービスの基本的な考え方
    • 第3節 図書館サービスの種類
    • 第4節 図書館サービスの変遷
    • 第5節 館種による図書館サービスの特徴
  • 第2章 公共図書館における図書館情報ネットワークシステム
    • 第1節 都道府県立図書館と市区町村立図書館の役割分担
    • 第2節 公共図書館における図書館情報ネットワークシステムの確立
    • 第3節 公共図書館の未設置市町村における課題
    • 第4節 公共図書館の広域利用
  • 第3章 資料や情報を提供するための準備
    • 第1節 資料や情報の選択
    • 第2節 資料や情報のデジタル化
    • 第3節 資料の分類と目録作成
    • 第4節 資料の装備と排架
    • 第5節 蔵書管理の意義と機能
  • 第4章 資料提供に関するサービス
    • 第1節 資料提供サービスの意義と種類
    • 第2節 閲覧
    • 第3節 貸出
    • 第4節 読書相談サービス
    • 第5節 予約・リクエスト
    • 第6節 複写サービス
    • 第7節 オーディオビジュアルサービス
  • 第5章 情報サービス
    • 第1節 情報サービスの意義と種類
    • 第2節 レファレンスサービス
    • 第3節 カレントアウェアネスサービス
    • 第4節 オンライン・データベース,オフライン・データベース,インターネットを利用した情報検索
    • 第5節 課題解決支援サービス
    • 第6節 発信型情報サービス
    • 第7節 レフェラルサービス
  • 第6章 広報活動とコミュニケーション
    • 第1節 広報活動の意義
    • 第2節 広報活動の方法
    • 第3節 広報資料の種類
    • 第4節 高度情報通信ネットワーク社会にふさわしい広報活動のあり方
    • 第5節 利用者に対する接遇とコミュニケーション
  • 第7章 図書館利用教育と情報活用能力の育成
    • 第1節 情報活用能力の育成における図書館利用教育の意義
    • 第2節 図書館利用教育の種類
    • 第3節 図書館利用教育の方法
  • 第8章 集会活動
    • 第1節 集会活動の意義
    • 第2節 集会活動の種類
    • 第3節 集会活動の事例
  • 第9章 利用対象者別の図書館サービス
    • 第1節 生涯学習社会および少子高齢社会を支援する図書館サービスのあり方
    • 第2節 児童サービス
    • 第3節 ヤングアダルトサービス
    • 第4節 成人サービス
    • 第5節 高齢者サービス
    • 第6節 多文化サービス
    • 第7節 特別な支援を必要とする者へのサービス
    • 第8節 アウトリーチ
  • 第10章 図書館協力
    • 第1節 図書館協力の意義
    • 第2節 図書館協力の種類
    • 第3節 図書館協力の事例
  • 第11章 図書館サービスをめぐる著作権問題
    • 第1節 著作権制度と著作物の保護
    • 第2節 著作権の種類と概要
    • 第3節 図書館資料の提供に関する著作権問題
    • 第4節 図書館の電子メディアの提供に関する著作権問題
    • 第5節 図書館の集会活動に関する著作権問題
    • 第6節 特別な支援を必要とする者へのサービスに関する著作権問題
  • 第12章 これからの図書館サービスの活性化に向けて
    • 第1節 図書館サービスの評価
    • 第2節 図書館サービスにおけるマーケティング
    • 第3節 図書館ボランティアの活用
    • 第4節 ユニバーサルデザインの実現に向けた図書館サービス