サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

目次

  • 序章
    • 一 問題の所在
    • 二 労働法における私的自治と均等待遇原則
    • 三 イタリア法研究の意義と本書の構成
    • 四 用語の整理
  • 第1章 イタリアの労働条件決定システムと労使関係の特徴
    • 一 イタリアの労働条件決定システム
    • 二 イタリアの労使関係の特徴
    • 三 小括
  • 第2章 初期の学説と使用者の指揮権能の制限をめぐる議論
    • 一 均等待遇原則の強行性を肯定する学説の登場
    • 二 使用者の指揮権能の制限をめぐる問題の背景
    • 三 憲法の制定とその私人間における効力
    • 四 憲法を通じた使用者の指揮権権能の制限
    • 五 小括
  • 第3章 差別禁止規定の創設と均等待遇原則
    • 一 立法を通じた使用者の指揮権能の制限
    • 二 労働者憲章法の制定
    • 三 1977年男女平等取扱法の制定
    • 四 均等待遇原則と立法の進展:労働者憲章法15条の意義
    • 五 小括
  • 第4章 1989年憲法裁判所判決とその位置づけ
    • 一 賃金に関する均等待遇原則をめぐる従来の判例動向
    • 二 1989年憲法裁判所判決の内容
    • 三 1989年憲法裁判所判決の位置づけおよび学説の反応
    • 四 1989年憲法裁判所判決の背景
    • 五 小括
  • 第5章 1989年憲法裁判所判決以降の賃金に関する均等待遇原則
    • 一 1989年憲法裁判所判決直後の判決の状況
    • 二 1993年破毀院連合部判決による賃金に関する均等待遇原則の否定
    • 三 信義則による救済肯定判決と1996年破毀院連合部判決
    • 四 学説の動向
    • 五 小括
  • 終章 総括
    • 一 これまでに明らかにしたこと
    • 二 イタリアの議論の考察
    • 三 日本の議論
    • 四 日本法との比較
    • おわりに