サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 「影響力」工作とは何か?
    • 1 本書の目的と意義
    • 2 先行研究
    • 3 使用する主な史料について
    • 4 本書の構成
  • 第Ⅰ部 ソ連の「影響力」工作を分析するための理論的枠組みとその検討
  • 第1章 冷戦時代におけるソ連の「積極工作」概念
    • 1 「積極工作」の目的
    • 2 「積極工作」の手法
  • 第2章 冷戦時代におけるKGBの「影響力行使者」概念
    • 1 元KGB諜報官らの「影響力行使者」認識
    • 2 “自覚的”と“無自覚的”の違い
  • 第3章 仮説としてのソ連の「影響力行使者」の諸要件
    • 1 レーニンの対外革命戦略の転換と「影響力行使者」の誕生
    • 2 “影響力”とは何か
    • 小括
  • 第4章 仮説としてのソ連の「影響力行使者」の諸類型
    • 1 フーヴァーの五分類
    • 2 その他の諸類型
    • 3 若干の補足
    • 小括
  • 第Ⅱ部 ソ連の「影響力」工作についての具体的検証
  • 第5章 ソ連の「影響力行使者」としての宋慶齢
    • 1 “中国のジャンヌ・ダルク”の登場
    • 2 宋慶齢「影響力行使者」化構想
    • 3 画期としてのヌーラン事件
    • 4 スターリニストとしての宋慶齢
    • 5 宋慶齢とソ連保安情報機関
    • 小括
  • 第6章 ソ連の「影響力行使者」としてのオットー・カッツ
    • 1 ミュンツェンベルクとの出会い
    • 2 カッツの訪英とドイツ救援委員会イギリス支部の設立
    • 3 『ブラウン・ブック』の制作と「対抗裁判」の実施
    • 4 カッツの影響力の性質
    • 5 アメリカにおけるカッツ
    • 6 カッツとソ連保安情報機関
    • 小括
  • 第7章 ソ連保安情報機関の対米「影響力」工作の起源
    • 1 対アメリカ連邦議会工作の試み
    • 2 対米メディア工作の試み
    • 小括
  • 第8章 アメリカ政府中枢における「影響力」工作
    • 1 「自発的影響力行使者」としてのダッガン
    • 2 シルバーマスターと仲間たち
    • 3 ホワイトと対ソ・ドル借款問題
    • 小括
  • 結論 両大戦間期の経験とその継承