サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 本書の目的と方法
    • 一 院政鎌倉期の言語の研究
    • 二 説話作品を取り上げる意図
    • 三 「けり」による「テクスト機能」と「視点」の研究
    • 四 説話の語彙・意味の研究
    • 五 宣命書きの変遷の研究
  • 第一部 「けり」のテクスト機能をめぐる論
  • 第一章 今昔物語集の「けり」のテクスト機能
    • 一 問題の所在
    • 二 「けり」の文章論的研究
    • 三 「けり」の用いられる巻の傾向と変異
    • 四 まとめ
  • 第二章 今昔物語集の「けり」のテクスト機能
    • 一 問題の所在
    • 二 今昔物語集説話の話型と枠構造
    • 三 枠構造のモデル
    • 四 終局部・後日談の慣用表現
    • 五 「けり」の終結機能
  • 第三章 今昔物語集の「にけり」
    • 一 問題の所在
    • 二 説話の文章構造と「にけり」
    • 三 「にけり」の文末用法の特質
    • 四 段落構成機能・場面連結機能
    • 五 テクスト機能の背景と広がり
    • 六 場面焦点化機能
    • 七 まとめ
  • 第四章 宇治拾遺物語の「けり」のテクスト機能
    • 一 はじめに
    • 二 宇治拾遺物語における枠構造の検証
    • 三 今昔物語集との比較
    • 四 古事談との比較
    • 五 まとめ
  • 第五章 古本説話集の「けり」のテクスト機能
    • 一 問題の所在
    • 二 話型の分類と枠構造
    • 三 文章構造における「けり」の使用状況
    • 四 係り結び・連体形終止文の作る枠構造
    • 五 「にけり」「てけり」の作る枠構造
    • 六 まとめ
  • 第六章 発心集の「けり」のテクスト機能
    • 一 はじめに
    • 二 「けり」の分布
    • 三 冒頭部の様相
    • 四 展開部の様相
    • 五 終局部における「ぞ」「なむ」の選択
    • 六 まとめ
  • 第七章 沙石集の「けり」のテクスト機能
    • 一 問題の所在
    • 二 沙石集の文章構造の分析方法
    • 三 冒頭第一文の表現
    • 四 終局部の表現
    • 五 評語部・教説部の表現
    • 六 まとめ
  • 第二部 説話の文章・文体・表記に関する論
  • 第八章 今昔物語集の接続語
    • 一 目的と方法
    • 二 各巻や部毎の概観
    • 三 接続語の使用順序の傾向
    • 四 各部の接続語の使用傾向
    • 五 接続語と表現される内容との相関
    • 六 宇治拾遺物語の類話との比較
    • 七 まとめ
  • 第九章 今昔物語集の複合動詞
    • 一 はじめに
    • 二 今昔物語集の複合動詞の分析方法
    • 三 和文との一致度
    • 四 訓点語を含む複合動詞
    • 五 転倒による複合動詞
    • 六 まとめ
  • 第十章 今昔物語集の「カナシブ」「アハレブ」
    • 一 問題の所在
    • 二 辞書・古辞書に見られる「悲」「哀」と「カナシブ」「アハレブ」
    • 三 「カナシブ」「アハレブ」の先行研究について
    • 四 中国・日本の漢文の用法
    • 五 物語・日記・随筆・説話の用法
    • 六 今昔物語集の用法
    • 七 出典漢文からの影響と意訳
    • 八 まとめ
  • 第十一章 物語テキストの視点と文末表現
    • 一 表現者と語り手
    • 二 語り手の立場の表現
    • 三 物語テキストの視点の解析
    • 四 物語テキストの問題点
  • 第十二章 今昔物語集の視点と文末形式
    • 一 はじめに
    • 二 文末形式の概要
    • 三 巻一六における文末形式の様相
    • 四 まとめ
  • 第十三章 宇治拾遺物語の文章構造
    • 一 はじめに
    • 二 説話の話末文の文末形式
    • 三 話末評語の内容と文末形式
    • 四 冒頭句と話末評語との対応の検証
    • 五 宇治拾遺物語説話の文章構造について
  • 第十四章 宇治拾遺物語の語彙と文体
    • 一 はじめに
    • 二 古事談から宇治拾遺物語への翻案
    • 三 まとめ
  • 第十五章 打聞集の表記と単語意識
    • 一 片仮名宣命書きと打聞集の表記
    • 二 「振り仮名」「捨て仮名」「送り仮名」の機能
    • 三 付属語の大書例について
    • 四 自立語の小書例について
    • 五 打聞集の表記の特徴
  • 第十六章 法華百座聞書抄の宣命書きについて
    • 一 法華百座聞書抄の表記の問題
    • 二 捨て仮名の機能
    • 三 送り仮名の諸相
    • 四 付属語の大書・小書
    • 五 自立語の小書
    • 六 まとめ