サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

農業経済学講義

農業経済学講義

  • 山崎 亮一(著)
  • 第1章 スミスと労働価値説
    • 経済学と農業経済学
    • 重商主義批判としての『国富論』
    • 生産力発展における分業の意義
    • 労働価値説と経済原則
    • 労働価値説の人間観と労働犠牲説
    • 剰余価値と疎外された労働
  • 第2章 リカード差額地代論
    • 農業経済学で地代論は重要
    • スミスの構成価値論
    • リカードの分配理論
    • リカード差額地代論における1つの前提条件
    • 農産物価格の形成
    • 差額地代の形成
    • 差額地代に関する補足
    • 差額地代論のまとめ
  • 補論1 資本の流通式と価値増殖
  • 第3章 リカード巨視的動態論
    • 巨視的動態論の3つの命題
    • 耕境の拡大と農産物価格の上昇
    • 最劣等地の移動にともなう社会全体の地代の増加
    • 最劣等地の移動にともなう賃金の上昇と利潤率の低下
    • 巨視的動態論の世界における受益者と投資意欲の低下
    • 巨視的動態論の3つの前提条件
  • 補論2 収穫逓減条件と限界生産性
    • 収穫逓減条件
    • 限界生産性
  • 補論3 価値法則の修正と貿易論
    • 比較生産費論
    • 価値法則の修正
  • 第4章 資本制社会の歴史性
    • マルクスと『資本論』
    • 資本制社会という言葉について
    • 資本制社会の政府
    • そもそも社会の歴史性を認識するということと,資本制社会の始まり
    • 労働者と農奴
    • 本源的蓄積あるいは原始的蓄積
    • 商品経済の浸透と競争
    • 分与地と村落共有地
    • 事物の発展過程は同時にその否定要因の形成過程でもある
    • 資本制社会の否定要因
    • 資本制社会の歴史性を認識することが困難な理由
  • 第5章 ポスト・マルクス体系の時代における経済学と農業問題
    • ここまでの要約とこの章で行うこと
    • ポスト・マルクス体系の時代における経済学の2つの流れ
    • 資本制農業
    • 農民層分解
    • 資本制農業のビジョンと現実
    • 農業問題と農業経済学の生成
  • 第6章 産業としての農業の特徴
    • 農業問題と社会主義運動
    • ドイツ修正主義論争とロシア資本主義論争
    • 農業生産の特徴と家族経営
    • 農業生産の工業生産と較べた不利な点
    • 土地所有が農業発展を抑制することについて
    • 家族経営の耐久力
  • 補論4 労働手段,労働対象,生産手段
  • 第7章 シェーレと社会構成体
    • シェーレ
    • 需給曲線と均衡価格
    • 完全競争市場下での生産量の決定
    • 不完全競争市場下での利潤最大化
    • 独占利潤,独占価格,独占体
    • シェーレへの対応
    • 20世紀以降の先進国経済の構造と農業市場論
    • 接合(articulation)
    • 従属学派
    • 社会構成体
  • 第8章 資本制社会の基本矛盾と農業
    • ローザ・ルクセンブルク
    • 生産と消費の矛盾
    • セーの法則
    • 労働力商品化の矛盾
    • 資本制社会の基本矛盾と非資本制セクター,基本矛盾のルクセンブルク的解決
    • 基本矛盾の展開
  • 第9章 途上国の経済発展と新国際分業論
    • 前章の復習
    • ここからの問題:南々問題
    • GDPを指標として用いたサブサハラ・アフリカと東南アジアの比較
    • 世界システム論と新国際分業論
    • 「周辺=辺境」の発展と新しい国際分業
    • 第2次世界大戦後の経済成長と産業予備軍
    • 1970年頃の状況:産業予備軍の枯渇
    • 多国籍企業の展開と途上国の経済発展
  • 第10章 第2次世界大戦後の日本経済と農業
    • 新国際分業論の問題点
    • 「東アジアコンプレックス」と「西ヨーロッパ・アフリカコンプレックス」
    • 1970年以前の日本経済と農村からの都市への労働力移動
    • 「国民所得倍増計画」と「農業基本法」
    • 兼業従事者の増加
    • 在宅通勤兼業者の政策的位置づけ
    • 転換期としての1980年代中頃
    • 転換期後の日本経済と企業
    • 転換期後の日本農業と「食料・農業・農村基本法」
    • 「食料・農業・農村基本計画」
  • 第11章 ベトナムの経済発展と農民層分解
    • 「東アジアコンプレックス」の「中心」と「周辺=辺境」
    • メコン河デルタの風土
    • メコン河デルタの開発史
    • ドイモイ政策期の経済発展
    • メコン河デルタの農民層分解
  • 第12章 西ヨーロッパ・アフリカコンプレックス
    • 第2次世界大戦後のフランス経済と外国人労働力
    • メイヤスーの学説
    • サブサハラ・アフリカの農家と共同体
    • ニジェール河内陸デルタの風土
    • 伝統的土地制度
    • 共同体内での互助
    • 共同体が強く残っている社会では労働者は形成されにくい