サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 「山びこ学校」と戦後教育学−「山びこ学校」実践とその思想は,どこへ消えたか
  • 第Ⅰ部 「山びこ学校」実践と無着成恭−教育における「子ども」と「社会」の拡張と縮減−
  • 第1章 「山びこ学校」と社会・生活実践主体づくりの教育
    • 第1節 「山びこ」実践に戦後日本社会の物語をみる−『山びこ学校』の大評判
    • 第2節 農村社会・文化の改革者から農村新制中学校の改革者へ−「山びこ学校」以前の無着成恭
    • 第3節 生活綴方を社会生活実践主体づくりの方法として
    • 第4節 生活と学習の主体を育てる
    • 第5節 生活・学習主体の形成と無着の強い指導性
  • 第2章 「山びこ学校」理念の迷走−子ども社会の変貌と教育実践の混乱
    • 第1節 無着のとまどい
    • 第2節 子ども集団の形成という実践的課題
    • 第3節 社会と子どもの変貌と子ども理解の困難
    • 第4節 子ども論への関心の広がり
  • 第3章 『山びこ学校』を離れ,『続・山びこ学校』へ−「子ども」と「社会」の縮減
    • 第1節 無着の転換−「山びこ」実践ののり越え方
    • 第2節 「山びこ学校」理念の見直し
    • 第3節 『続・山びこ学校』という結論へ
    • 第4節 「子ども」と「社会」の60年代的把握
  • 第Ⅱ部 戦後日本の教育思想と生活綴方−社会的統制としての教育と子どもの自由−
  • 第4章 教科指導論と生活指導論への重点移行と生活綴方の縁辺化
    • 第1節 戦後生活綴方の隆盛
    • 第2節 教科指導・生活指導による生活綴方の縁辺化
  • 第5章 戦後教育学と生活綴方教育の意味の探究
    • 第1節 戦前教科研の生活主義と生活綴方理解
    • 第2節 戦後の教育学による生活綴方の検討
    • 第3節 教育全体を貫く生活綴方の方法
    • 第4節 生命の根源的自発性に依拠して,子ども・青年の目的意識性を内側から育てる(大田堯)
    • 第5節 綴方による生活直視と自主的価値選択主体の形成(勝田守一)
    • 第6節 目的的生活実践過程の一環としての教育・学習過程(宮坂哲文)
  • 第6章 「山びこ学校」と戦後日本の社会的実践主体形成論
    • 第1節 生活綴方と生活問題解決実践主体の思想(鶴見俊輔)
    • 第2節 社会的実践的責任主体の形成(上原専禄)
    • 第3節 生活綴方・生活記録と内発的発展論−生活と知の内発的な発展を求めて−(鶴見和子)