サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

目次

  • 序文 阿壟とその時代
    • 1、中国一九五〇年
    • 2、「阿壟」という文学者
    • 3、本書の構成
  • 第一章 国民革命軍将校陳守梅と文学者阿壟
    • 1、父母と青少年時代
    • 2、杭州商人の「学徒」から国民党入党、左派「改組派」への参加
    • 3、中国公学から黄埔軍官学校へ
    • 4、黄埔軍官学校と初めての戦役
    • 5、戦場での負傷と「再生の日」
    • 6、上海最前線撤退から延安到着まで
    • 7、延安にて、抗日軍政大学での日々
    • 8、延安から西安へ、長編小説「南京」執筆の日々
  • 第二章 愛と流浪の歳月
    • 1、重慶陸軍軍令部少佐としての生活、胡風への思い
    • 2、重慶陸軍大学学員の生活と張瑞との出会い
    • 3、張瑞との恋愛と結婚、その破綻
    • 4、阿壟夫人瑞の自殺をめぐるそのほかの証言
    • 5、抗日戦争終結後内戦時期、重慶における共産党への情報提供
    • 6、重慶・成都における阿壟の文芸活動、重慶脱出の経緯
    • 7、杭州に帰ってからの生活と南京
  • 第三章 冤罪の構図
    • 1、杭州戦役から人民共和国建国、上海から天津へ
    • 2、人民共和国の時代、杭州から天津文壇の指導者へ
    • 3、共産党政権下の文芸活動と「胡風事件」への布石
    • 4、一九五〇年の論争とその終わりのない再現
    • 5、胡風批判の展開と阿壟逮捕までの経緯
    • 6、阿壟逮捕から公判まで、絶筆と獄中の断片
    • 7、阿壟の死、家族の証言
    • 8、阿壟の死の意味
  • 第四章 長編小説「南京」とその意義
    • 1、長編小説「南京」の概要
    • 2、作品『南京血祭』の性格
    • 3、阿壟創作の現実認識と象徴性
    • 4、「南京」の文学的達成
    • 5、『抗戦文芸』長編小説公募と「南京」発表までの不可解な経緯
  • 第五章 阿壟の詩論について
    • 1、阿壟詩論研究の立場
    • 2、阿壟詩論の骨格
    • 3、詩の言語と象徴性
    • 4、詩における必然性としての技巧
    • 5、阿壟のタゴール観
    • 6、阿壟の詩論に見る「政治」
    • 7、阿壟文学の特異性