サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

カリキュラムと学習過程

カリキュラムと学習過程 (放送大学教材)

  • 浅沼 茂(編著)/ 奈須 正裕(編著)
  • 1 カリキュラムと学習
    • はじめに
    • 1.意識されない日本のカリキュラム研究の歴史
    • 2.旧石器時代のカリキュラム
    • 3.現代の戦場としてのカリキュラム
    • 4.自分史としてのカリキュラム
  • 2 日本のカリキュラムと授業の歴史的展開
    • 1.江戸時代の学校とカリキュラム
    • 2.明治期の学校とカリキュラム
    • 3.大正自由教育によるカリキュラム開発
    • 4.戦時下の教育とカリキュラム
  • 3 戦後のカリキュラム改革と学習過程
    • 1.戦直後のカリキュラム運動
    • 2.教育の現代化運動
    • 3.なぜ,学問の構造か
  • 4 カリキュラムと教育目標論と評価論,学力論
    • 1.評価概念とその日本的発展
    • 2.「評価基準の明確化」によるカリキュラム管理の利点と欠点
    • 3.目標にとらわれない評価と羅生門的接近
  • 5 子どもの学習メカニズムと授業
    • 1.短期記憶と長期記憶
    • 2.意味の発生と既有知識の活用
    • 3.インフォーマルな知識を生かした授業づくり
    • 4.宣言的知識
    • 5.手続き的知識
    • 6.学習はすべて能動的で創造的で個性的である
    • 7.先行オーガナイザー
  • 6 授業の設計と実施
    • 1.よい授業の2つの要件
    • 2.あれかこれかの思考こそ落とし穴
    • 3.単元とは何か
    • 4.教材単元
    • 5.経験単元
    • 6.教科書をつかいこなす
    • 7.止まる技術
    • 8.子どもに乗る
  • 7 世界で進む「学び」の転換
    • 1.今,カザフスタンで起こっていること
    • 2.二人の中学生が教えてくれたこと
    • 3.私たちの視野の外にある国で進行している学力観の転換
    • 4.教師による「学力パラダイム」の転換−意識を変えれば,授業は変わるか?
    • 5.最先端の教育知見を「輸入」するカザフスタン
    • 6.世界標準の「学力試験」と日本の教育改革
    • 7.本物の問題解決と総合的な学習の可能性
  • 8 授業研究と教師の成長
    • 1.ある日の教室の風景
    • 2.授業研究とは?
    • 3.世界一長い日本の授業研究の歴史
    • 4.授業研究の国際化とLesson Study
    • 5.世界的な授業研究ブームの背後にあるもの
    • おわりに
  • 9 学校ぐるみの授業改革とカリキュラム
    • 1.学習指導要領と学校教育課程
    • 2.学校体制としての組織的な対応の必要性
    • 3.学習形態・方法への学校ぐるみの改革
  • 10 オープン・スクールの挑戦とカリキュラム
    • 1.オープン・スクールの誕生
    • 2.愛知・緒川小学校の個性化教育カリキュラム
    • 3.カリキュラムの背後にあるもの
  • 11 現代のカリキュラム改革と問題解決能力
    • はじめに
    • 1.問題解決能力と論理的思考力
    • 2.問題解決における場面の広がりと潜在的カリキュラム
    • 3.批判思想と道徳教育との関係
  • 12 作文教育と授業
    • 1.自分史を書くことは,どのような意味をもつのか
    • 2.共同意識の可能性としてのユーモア詩
  • 13 授業力向上を支える校内研と学校経営
    • はじめに
    • 1.授業力とそれに対する教師の意識
    • 2.授業力向上と授業研究会
    • 3.継続的な授業研究会による教師の授業力の変容
    • 4.授業力の変容とカリキュラム・マネジメントとの関係
    • 5.授業研究の方向性と学校経営の在り方
  • 14 ICTとカリキュラム
    • 1.ICTと情報の2領域3分野
    • 2.6つの活用の特徴とカリキュラム化
    • 3.ICTのカリキュラム
    • 4.今後の課題
  • 15 カリキュラムと授業の今後
    • 1.「資源・能力の育成」が意味するもの
    • 2.将来の成功を予測しないコンテンツ・テスト
    • 3.転移への過剰な期待は誤りである
    • 4.知識基盤社会の到来
    • 5.オーセンティックな学習

学習指導・生活指導 ランキング

学習指導・生活指導のランキングをご紹介します一覧を見る