サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

経済・経営系のための統計入門

経済・経営系のための統計入門 (事例でわかる統計シリーズ)

  • 景山 三平(監修)/ 元山 斉(編修)/ 伊藤 有希(編修)/ 高橋 一(編修)
  • 基礎編
  • 第1章 データのいろいろ
    • 1.1 経済データの分析
    • 1.2 経済データの分類
    • 1.3 記述統計と推測統計
    • 1.4 本書の構成
  • 第2章 データをまとめよう〜度数分布表とヒストグラム
    • 2.1 図表による記述統計
    • 2.2 度数分布表
    • 2.3 ヒストグラム
    • 2.4 階級幅
  • 第3章 データの位置を調べてみよう〜中心の指標(平均,中央値,最頻値)
    • 3.1 数値による記述統計
    • 3.2 シグマ記号1
    • 3.3 平均
    • 3.4 中央値
    • 3.5 最頻値
    • 3.6 平均,中央値,最頻値の特徴
  • 第4章 さまざまな平均〜加重平均,幾何平均
    • 4.1 加重平均
    • 4.2 幾何平均
  • 第5章 データの散らばり具合を調べてみよう〜平均絶対偏差,分散,標準偏差,変動係数
    • 5.1 散らばりの指標の重要性
    • 5.2 シグマ記号2
    • 5.3 偏差
    • 5.4 平均絶対偏差
    • 5.5 分散
    • 5.6 標準偏差
    • 5.7 変動係数
  • 第6章 散らばりがわかればどんなことがわかる?〜ジニ係数,基準化変数
    • 6.1 ローレンツ曲線とジニ係数
    • 6.2 基準化変数
  • 第7章 2つのデータの間の関係を探ってみよう〜相関関係(散布図,正の相関,負の相関,無相関,共分散,相関係数)
    • 7.1 散布図,正の相関,負の相関,無相関
    • 7.2 共分散:相関関係を表す指標1
    • 7.3 相関係数:相関関係を表す指標2
  • 第8章 データの背後にあるものを探る〜確率と統計の関係(信頼区間,仮説検定)
    • 8.1 確率分布
    • 8.2 推定
    • 8.3 仮説検定
  • 実践編
  • 第9章 データに直線をあてはめてみよう〜回帰分析1(単回帰,最小2乗法,決定係数,回帰効果)
    • 9.1 回帰分析
    • 9.2 回帰式のあてはまりの評価
  • 第10章 あてはめられた直線の説明力を検証しよう〜回帰分析2(回帰係数の仮説検定)
    • 10.1 確率モデル
    • 10.2 係数・定数項の値の変動
    • 10.3 â,bの分布
    • 10.4 説明変数の係数のt検定
    • 10.5 t検定による変数選択
  • 第11章 複数の要因で説明しよう〜回帰分析3(重回帰分析)
    • 11.1 重回帰−最小2乗法−
    • 11.2 重回帰のときのあてはまりの良さの尺度−自由度修正済み決定係数−
    • 11.3 個々の係数のt検定
    • 11.4 多重共線性
    • 11.5 重回帰分析の応用−ヘドニック法−
  • 第12章 曲線をあてはめてみよう〜回帰分析4
    • 12.1 モデルの関数形
    • 12.2 対数線形モデル
    • 12.3 多項式モデル
    • 12.4 双曲線モデル
  • 第13章 ダミー変数を使ってみよう〜回帰分析5
    • 13.1 一時的ダミー変数
    • 13.2 定数項ダミー変数
    • 13.3 係数ダミー変数
  • 第14章 ものごとの変化をとらえる〜時系列データ1
    • 14.1 時系列データ
    • 14.2 時系列グラフ
    • 14.3 指数化
    • 14.4 移動平均
    • 14.5 変化率
  • 第15章 季節の影響を除いたデータをみる〜時系列データ2
    • 15.1 時系列データの分解
    • 15.2 加法的モデル・乗法的モデル
    • 15.3 季節変動の対処方法