サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 慢性疾患患者の心理・社会的側面に注目する意義
    • 1.1 慢性疾患の定義とその歴史的変遷
    • 1.2 慢性疾患をめぐる研究の動向
    • 1.3 本研究の課題−「喪失」と「生涯発達」
    • 1.4 本研究で対象とする発達期
    • 1.5 本研究で対象とする慢性疾患
  • 第2章 慢性疾患におけるモーニング・ワークと心理・社会的影響
    • 2.1 対象喪失とモーニング・ワーク
    • 2.2 モーニング・ワーク研究の歴史的経緯
    • 2.3 モーニング・ワークにかかわる諸条件
    • 2.4 慢性疾患の与える心理・社会的影響−アイデンティティ発達を中心に
    • 2.5 本研究の目的
  • 第3章 モーニング・ワークの2つのモデル−段階モデル・慢性的悲哀(chronic sorrow)への適合性についての検討−
    • 3.1 2つのモデルを検討する必要性と意義
    • 3.2 方法
    • 3.3 結果
    • 3.4 考察
  • 第4章 思春期・青年期から成人前期についての検討
    • 4.1 思春期・青年期から成人期における慢性疾患
    • 4.2 方法
    • 4.3 結果
    • 4.4 考察
  • 第5章 成人前期から中年期についての検討
    • 5.1 成人前期から中年期における慢性疾患
    • 5.2 方法
    • 5.3 結果
    • 5.4 考察
  • 第6章 総合考察
    • 6.1 モーニング・ワークのモデルの検討を通して
    • 6.2 モーニング・ワークの発達的観点からの考察
    • 6.3 慢性疾患に付随する曖昧さをめぐる考察
    • 6.4 今後の課題