サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

目次

  • 序章 なぜ言語教育における言語・国籍・血統か
    • 第1節 研究背景
    • 第2節 本書の課題
    • 第3節 本書の構成と用語の定義
  • 第1章 「在日コリアン」教師のライフストーリー研究への視座
    • 第1節 「日本語=日本人」という思想
    • 第2節 「ネイティヴ」/「ノンネイティヴ」という概念
    • 第3節 《言語》と《国籍/血統》との間にズレをもつ「在日コリアン」教師
    • 第4節 アイデンティティを捉える理論的枠組みと研究課題
    • 第5節 「在日コリアン」教師のライフストーリー研究へ
  • 第2章 研究方法
    • 第1節 ライフストーリー研究法とは
    • 第2節 ライフストーリー研究法の評価基準
    • 第3節 本研究の調査概要と記述
  • 第3章 《言語》と《国籍/血統》のズレと教師たちの戦略が意味すること
    • 第1節 〈事例1〉カテゴリーを戦略的に利用する教師V
    • 第2節 〈事例2〉国民と言語の枠組みの脱構築を目指す教師L
    • 第3節 〈事例3〉「日本語」を「言語資本」として意識する教師E
    • 第4節 〈事例4〉「日本語話者」の多様性を「したたか」に示す教師D
    • 第5節 「日本語のネイティヴ」内部のヒエラルキーと「日本人性」が付与された「日本語」の存在
  • 第4章 言語教育における言語・国籍・血統
    • 第1節 ここまでの議論の概要
    • 第2節 日本語教育における言語・国籍・血統の関係性
    • 第3節 「調査するわたし」が内包していた「単一性」の前提
    • 第4節 「在日コリアン」教師のライフストーリーからの示唆
    • 第5節 言語教育における「単一性志向」
    • 第6節 今後の展望