サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章
    • 一 宋代文人と版本の普及
    • 二 南宋出版文化における地域性
    • 三 士大夫と中間層文人
    • 四 王十朋と陸游
    • 五 関連する先行研究の概要
    • 六 本書の構成と目的
  • 上篇 「状元」王十朋と南宋出版業
  • 第一章 王十朋編『楚東唱酬集』について
    • 一 はじめに
    • 二 紹興二十四年、二十七年の科挙が象徴するもの
    • 三 「楚東詩社」と張浚
    • 四 楚東唱和活動とその内容
    • 五 『楚東集』の刊行と王・張唱和
    • 六 官僚文人の唱和としての楚東唱和活動
  • 第二章 王十朋『会稽三賦』と史鋳注
    • 一 南宋期における創作主体の移行
    • 二 王十朋「会稽三賦」と周世則注
    • 三 史鋳と『会稽三賦』
    • 四 史鋳注の特徴
  • 第三章 「王状元」と福建
    • 一 南宋刊本と冠辞
    • 二 百名の注釈者について
    • 三 王十朋と反秦檜勢力
    • 四 王十朋と故郷・温州
    • 五 泉州赴任期における王十朋と注釈者の交流
    • 六 朱熹による王十朋評価とその継承
    • 七 「王状元」の価値と王状元本の編集者
  • 下篇 陸游の四川体験と『剣南詩稿』の刊刻
  • 第四章 陸游と四川人士の交流
    • 一 陸游と四川
    • 二 陸游と張【エン】の交流
    • 三 「放翁」の号と四川人士
    • 四 范成大の成都赴任
    • 五 陸游詩の憂国表現と四川人士
    • 六 陸游と「元祐」
    • 七 南宋における文学交流と地方出版の成熟
  • 第五章 陸游の厳州赴任と『剣南詩稿』の刊刻
    • 一 問題の所在
    • 二 陸游の知厳州拝命と詩人陸游の名声
    • 三 『剣南詩稿』初編本から厳州刊本へ
    • 四 厳州刊本への反応からみた陸游評価
    • 五 蔵書家・山陰陸氏と厳州の出版
  • 第六章 南宋の陸游評価における入蜀をめぐって
    • 一 問題の所在
    • 二 陸游の同時代評価と杜甫
    • 三 宋代杜甫詩評と四川
    • 四 おわりに
  • 終章
    • 一 集注本、詩話総集と中間層文人の諸相
    • 二 中間層文人と江湖詩人
    • 三 南宋文化の地域的偏差