サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章
    • 1 はじめに
    • 2 会計政策論の創成
    • 3 利益平準化に関する実証分析と経済学的研究
    • 4 利益平準化から報告利益管理へ
    • 5 利益管理と報告利益管理
    • 6 会計政策と報告利益管理
    • 7 会計政策の体系と分類基準
    • 8 まとめ
  • 第1部 理論的考察
  • 第1章 企業の本質と報告利益管理
    • 1.1 株式会社の本質と経営者の目的
    • 1.2 法制度と企業統治
    • 1.3 社外取締役が企業統治と報告利益管理に果たす役割
  • 第2章 監視者の特性と報告利益管理
    • 2.1 監査人の特性と報告利益管理
    • 2.2 取締役会の特性と報告利益管理
  • 第3章 利益平準化と報告利益管理
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 利益平準化
    • 3.3 利益平準化の理論・実証研究−動機・誘因の検証−
    • 3.4 利益平準化の実証研究−株式市場における評価−
    • 3.5 利益平準化に関する研究の今後の課題
  • 第4章 報告利益管理の実施方法および検出方法
    • 4.1 報告利益管理の実施方法
    • 4.2 報告利益管理の検出方法
    • 4.3 まとめ
  • 第5章 利益訂正と報告利益管理
    • 5.1 利益訂正と誤謬
    • 5.2 報告利益管理と利益訂正の比較
    • 5.3 企業における会計上の判断
    • 5.4 監査の特性との関係
    • 5.5 報告利益管理に関する実証的研究と利益訂正
    • 5.6 まとめ
  • 第6章 経営者行動に対する契約理論のアプローチ
    • 6.1 エイジェンシーモデルを巡る主な用語
    • 6.2 エイジェンシーモデルを用いた先行研究のレビュー
  • 第7章 報告利益管理と投資効率
    • 7.1 目的
    • 7.2 モデル
    • 7.3 均衡
    • 7.4 時価会計報告ノイズと均衡投資係数の関係
    • 7.5 原価会計報告ノイズと均衡投資係数の関係
    • 7.6 会計報告ノイズと投資効率の関係
    • 7.7 報告利益管理と投資効率の関係
  • 第8章 報告利益管理と企業価値
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 先行研究
    • 8.3 モデルの設定
    • 8.4 モデルの分析
    • 8.5 まとめ
  • 第2部 実証研究
  • 第9章 退職給付会計基準と報告利益管理−適用前年における会計方針の変更の発生要因−
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 会計方針の変更の背景,先行研究および仮説の設定
    • 9.3 リサーチ・デザイン
    • 9.4 実証結果
    • 9.5 まとめ
  • 第10章 連続増益達成企業による報告利益管理−減損損失を用いた将来費用の早期計上−
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 先行研究および仮説の設定
    • 10.3 リサーチ・デザイン
    • 10.4 サンプルと基本統計量
    • 10.5 分析結果
    • 10.6 まとめ
  • 第11章 セグメント利益の報告利益管理−全社費用等によるエイジェンシー・コストの減少行動−
    • 11.1 はじめに
    • 11.2 セグメント利益の差異調整とセグメント利益に関する先行研究
    • 11.3 仮説の設定
    • 11.4 リサーチ・デザインとサンプルの選択
    • 11.5 分析結果
    • 11.6 まとめと今後の課題
  • 第12章 ラチェット効果の観点からの利益減少型の報告利益管理の検証
    • 12.1 はじめに
    • 12.2 研究の背景
    • 12.3 仮説の設定
    • 12.4 リサーチ・デザイン
    • 12.5 分析結果
    • 12.6 まとめと今後の課題
  • 第13章 取締役・執行役の兼任と報告利益管理
    • 13.1 はじめに
    • 13.2 委員会設置会社と報告利益管理
    • 13.3 リサーチ・デザイン
    • 13.4 分析結果
    • 13.5 まとめ
  • 第14章 取締役の年齢,リスクテイキングと報告利益管理−コーポレート・ガバナンスの観点から−
    • 14.1 はじめに
    • 14.2 研究の背景と仮説
    • 14.3 リサーチ・デザイン
    • 14.4 サンプルとデータ
    • 14.5 分析結果
    • 14.6 まとめ
  • 第15章 CSRと報告利益管理
    • 15.1 研究目的
    • 15.2 先行研究と仮説
    • 15.3 リサーチ・デザイン
    • 15.4 分析結果
    • 15.5 考察
  • 補章1 財務制限条項と報告利益管理の実証研究
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 先行研究
    • 1.3 仮説の設定
    • 1.4 リサーチ・デザイン
    • 1.5 データの選択
    • 1.6 分析の結果と解釈
    • 1.7 結論と今後の課題
  • 補章2 ゴーイング・コンサーン情報と経営者の裁量行動
    • 2.1 本章の目的
    • 2.2 先行研究と仮説の設定
    • 2.3 リサーチ・デザインとサンプル
    • 2.4 分析結果
    • 2.5 結論と今後の課題