サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

実践を創造する保育原理

実践を創造する保育原理

  • 豊田 和子(編)/ 石動 瑞代(ほか著)
  • 第1章 保育とはなんだろう
    • 1 子育てと保育
    • 2 保育の定義と理念
    • 3 子育ての今と保育の社会的役割
    • 4 子どもの権利と保育の課題
  • 第2章 現代社会と子どもの育ち
    • 1 子どもを取り巻く現代社会
    • 2 子どもが育つ場としての家庭・地域社会・保育施設の意義
    • 3 子どもの育ちと遊びの変容
    • 4 子どもの育ちと現代社会の課題
  • 第3章 保育が行われる場を知ろう
    • 1 日本の保育制度の特徴
    • 2 保育を担う施設−保育所−
    • 3 保育を担う施設−幼稚園−
    • 4 保育を担う施設−認定こども園−
    • 5 子ども・子育て支援新制度の概要を知ろう
  • 第4章 保育者に求められるもの−資質と専門性−
    • 1 保育者になるための資格・免許状
    • 2 保育者の実態
    • 3 保育者に求められる資質と専門性
    • 4 保育者の成長
  • 第5章 世界の保育の歴史に学ぼう−諸外国の保育思想−
    • 1 集団保育施設が誕生した時代背景
    • 2 オーベルラン(Oberlin,J.F.1740−1826)−世界最初の保育施設「幼児保護所(編物学校)」−
    • 3 オーエン(Owen,R.1771−1858)−労働者の子どものために創設された「幼児学校」−
    • 4 フレーベル(Fröbel,F.A.1782−1852)−世界で最初の「幼稚園(キンダーガルテン)」−
    • 5 モンテッソーリ(Montessori,M.1870−1952)−自由と環境構成を重視した保育施設「子どもの家」−
  • 第6章 日本の保育の歩み
    • 1 幼稚国と託児所の誕生
    • 2 幼稚園と託児所の歩み
    • 3 保育の歩みを支えた人びと
    • 4 戦後の幼稚園と保育所の歩み
  • 第7章 保育に求められる子ども観・発達観
    • 1 時代とともに変わる子ども観と発達観
    • 2 子どもへのまなざしと子ども観
    • 3 子どもが育つ環境と発達観
    • 4 保育における子ども理解−子どもへの「まなざし」−
    • 5 保育実践における子ども理解
    • 6 今日的課題としての特別支援の視点
  • 第8章 保育の基本
    • 1 保育所保育指針に示される保育所保育の特性
    • 2 家庭との緊密な関係
    • 3 発達過程に応じた保育
    • 4 環境を通して行う保育
    • 5 養護と教育の一体
  • 第9章 保育の目標と内容
    • 1 保育の目標とは
    • 2 保育の内容について
    • 3 保育内容の総合的展開
  • 第10章 保育の方法と進め方
    • 1 園生活の流れを理解する
    • 2 保育方法の基礎的理解
    • 3 さまざまな保育形態について
    • 4 保育環境の種類と理解
  • 第11章 保育の計画と保育の質の向上
    • 1 なぜ保育に計画があるのか
    • 2 保育課程・教育課程と指導計画
    • 3 保育における評価
    • 4 記録と振り返り
  • 第12章 大切な保護者支援と地域連携
    • 1 保護者に対する支援の意義と原則
    • 2 保護者支援の方法
    • 3 地域子育て支援における地域連携の意義
    • 4 地域連携の方法
  • 第13章 海外の保育に目を向けてみよう
    • 1 保育をめぐるOECD諸外国の動向
    • 2 欧米諸国の保育実践
    • 3 その他の特色ある保育実践
  • 第14章 保育をめぐるこれからの課題について
    • 1 揺れ動く社会情勢のなかの保育の課題
    • 2 子ども・子育て支援新制度
    • 3 保育の量的な整備と多様な保育サービスの提供という課題
    • 4 特別な配慮や支援を要する子どもの保育
    • 5 保育の質と課題