サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

カープ分子細胞生物学 第7版

カープ分子細胞生物学 第7版

  • GERALD C.KARP(著)/ 山本 正幸(訳)/ 渡辺 雄一郎(訳)/ 大杉 美穂(訳)/ 児玉 有希(訳)
  • 1.分子細胞生物学の基礎
    • 1・1 細胞の発見
    • 1・2 細胞の基本的な性質
    • 1・3 基本的に異なる2種類の細胞
    • 1・4 ウイルス
    • Box1・1 細胞置換治療の見通し
    • Box1・2 真核細胞の起原
  • 2.生命の化学的基盤
    • 2・1 共有結合
    • 2・2 非共有結合
    • 2・3 酸,塩基,緩衝液
    • 2・4 生体分子の性質
    • 2・5 4種類の生体分子
    • 2・6 複雑な巨大分子構造の形成
    • Box2・1 老化の原因となるフリーラジカル
    • Box2・2 タンパク質の折りたたみの間違いが死に至る
    • Box2・3 シャペロン:タンパク質を適切な折りたたみの状態へと導く
  • 3.生体エネルギー論,酵素,代謝
    • 3・1 生体エネルギー論
    • 3・2 酵素−生物における触媒
    • 3・3 代謝
    • Box3・1 広まる薬剤抵抗性の問題
  • 4.細胞膜の構造と機能
    • 4・1 膜の機能の概観
    • 4・2 細胞膜の構造の研究の小史
    • 4・3 膜の化学的構成
    • 4・4 膜タンパク質の構造と機能
    • 4・5 膜の脂質と膜の流動性
    • 4・6 細胞膜の動的性質
    • 4・7 細胞膜内外の物質の移動
    • 4・8 膜電位と神経インパルス
    • Box4・1 遺伝病の原因としてのイオンチャネルや輸送体の欠陥
    • Box4・2 アセチルコリン受容体
  • 5.好気的呼吸とミトコンドリア
    • 5・1 ミトコンドリアの構造と機能
    • 5・2 ミトコンドリアにおける酸化的代謝
    • 5・3 ATP生成におけるミトコンドリアの役割
    • 5・4 プロトンの移動とプロトン駆動力の成り立ち
    • 5・5 ATP生成機構
    • 5・6 ペルオキシソーム
    • Box5・1 運動の際の嫌気的代謝と好気的代謝の役割
    • Box5・2 ミトコンドリアまたはペルオキシソームの機能異常による疾患
  • 6.光合成と葉緑体
    • 6・1 葉緑体の構造と機能
    • 6・2 光合成反応の概観
    • 6・3 光の吸収
    • 6・4 光合成単位と反応中心
    • 6・5 光リン酸化
    • 6・6 二酸化炭素の固定と炭水化物合成
  • 7.細胞とその環境との相互作用
    • 7・1 細胞外空間
    • 7・2 細胞と細胞外物質との相互作用
    • 7・3 細胞と他の細胞との相互作用
    • 7・4 密着結合:細胞外空間を閉ざす機構
    • 7・5 ギャップ結合と原形質連絡:細胞間の連絡の仲介
    • 7・6 細胞壁
    • Box7・1 炎症と転移における細胞接着の役割
  • 8.細胞質内膜系:構造,機能,膜輸送
    • 8・1 細胞内膜系の概観
    • 8・2 細胞内膜系の研究法
    • 8・3 小胞体(ER)
    • 8・4 ゴルジ体
    • 8・5 小胞輪送のタイプとその機能
    • 8・6 リソソーム
    • 8・7 植物の液胞
    • 8・8 エンドサイトーシス:細胞内への膜と物質の移動
    • 8・9 ペルオキシソーム,ミトコンドリア,葉緑体による翻訳後のタンパク質の取込み
    • Box8・1 リソソーム機能の欠陥による病気
    • Box8・2 受容体依存性エンドサイトーシス
  • 9.細胞骨格と細胞運動
    • 9・1 細胞骨格の主要な機能の概観
    • 9・2 細胞骨格の研究
    • 9・3 微小管
    • 9・4 中間径フィラメント
    • 9・5 ミクロフィラメント
    • 9・6 筋収縮
    • 9・7 非筋運動
    • Box9・1 発生と病気にかかわる繊毛の役割
  • 10.遺伝子とゲノムの本体
    • 10・1 遺伝の単位としての遺伝子の概念
    • 10・2 染色体:遺伝子の物理的な運び手
    • 10・3 遺伝子の化学的本体
    • 10・4 ゲノムの構造
    • 10・5 ゲノムの安定性
    • 10・6 ゲノムの配列解析:生物進化の足跡
    • Box10・1 三塩基反復の伸長によって起こる疾患
    • Box10・2 ゲノム解析の医学への利用
    • Box10・3 遺伝子の化学的本体
  • 11.遺伝子の発現:転写から翻訳まで
    • 11・1 遺伝子,タンパク質とRNA間の関係
    • 11・2 原核細胞と真核細胞における転写の概観
    • 11・3 真核細胞rRNAとtRNAの合成とプロセシング
    • 11・4 真核細胞mRNAの合成とプロセシング
    • 11・5 小分子制御RNAとRNAサイレンシング経路
    • 11・6 遺伝情報の暗号
    • 11・7 コドンの解読:tRNAの役割
    • 11・8 遺伝情報の翻訳
    • Box11・1 RNA干渉(RNAi)の臨床応用
    • Box11・2 触媒としてのRNAの役割
  • 12.遺伝子発現の調節
    • 12・1 細菌における遺伝子発現の調節
    • 12・2 真核生物における遺伝子発現の調節:細胞核の構造と機能
    • 12・3 真核生物における遺伝子発現の調節の概観
    • 12・4 転写調節
    • 12・5 RNAプロセシングの調節
    • 12・6 翻訳の調節
    • 12・7 翻訳後調節:タンパク質の安定性の決定
    • Box12・1 染色体異常とヒトの病気
  • 13.DNAの複製と修復
    • 13・1 DNAの複製
    • 13・2 DNAの修復
    • 13・3 複製と修復をつなぐもの
    • Box13・1 DNA修復の異常がもたらすもの
  • 14.細胞の増殖
    • 14・1 細胞周期
    • 14・2 M期:有糸分裂と細胞質分裂
    • 14・3 減数分裂
    • Box14・1 減数分裂時の不分離とその結果
    • Box14・2 MPFの発見とその性質
  • 15.細胞シグナリングとシグナル伝達:細胞間の情報伝達
    • 15・1 細胞シグナリング系の基本要素
    • 15・2 細胞外メッセンジャーとその受容体の概説
    • 15・3 Gタンパク質共役型受容体と二次メッセンジャー
    • 15・4 シグナル伝達機構としてのタンパク質チロシンリン酸化
    • 15・5 細胞内メッセンジャーとしてのカルシウムの役割
    • 15・6 異なるシグナル伝達経路間の収束,分岐,およびクロストーク
    • 15・7 細胞内メッセンジャーとしての一酸化窒素(NO)の役割
    • 15・8 アポトーシス(プログラム細胞死)
    • Box15・1 Gタンパク質共役型受容体に関連する疾患
    • Box15・2 シグナル伝達経路と人間の寿命
  • 16.がん
    • 16・1 がん細胞の基本特性
    • 16・2 がんの原因
    • 16・3 がんの遺伝学
    • 16・4 がんと闘うための新しい戦略
    • Box16・1 がん遺伝子の発見
  • 17.免疫応答
    • 17・1 免疫応答の概要
    • 17・2 B細胞のクローン選択説
    • 17・3 T細胞:活性化と作用機構
    • 17・4 免疫の分子細胞生物学的基盤
    • Box17・1 自己免疫疾患
    • Box17・2 抗原提示における主要組織適合遺伝子複合体の役割
  • 18.分子細胞生物学における技術
    • 18・1 光学顕微鏡
    • 18・2 透過型電子顕微鏡
    • 18・3 走査型電子顕微鏡と原子間力顕微鏡
    • 18・4 放射性同位体の利用
    • 18・5 細胞培養
    • 18・6 分画遠心分離法による細胞内容物の分画
    • 18・7 タンパク質の単離,精製,分画
    • 18・8 タンパク質と多サブユニット複合体の構造決定
    • 18・9 核酸の分画
    • 18・10 核酸ハイブリダイゼーション
    • 18・11 DNAの化学合成
    • 18・12 組換えDNA技術
    • 18・13 PCRによる酵素を用いたDNAの増幅
    • 18・14 DNA配列決定
    • 18・15 DNAライブラリー
    • 18・16 真核細胞と哺乳類胚への遺伝子導入
    • 18・17 遺伝子欠損または抑制による真核遺伝子機能の決定
    • 18・18 抗体の利用