サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

法思想の水脈

法思想の水脈

  • 森村 進(編)/ 宇佐美 誠(ほか著)
  • 0講 法思想の水脈をたどって
    • Ⅰ−法思想史とは何か
    • Ⅱ−さまざまなアプローチ
    • Ⅲ−本書の構成と概観
  • 1講 古代ギリシアの正義論
    • Ⅰ−徳としての正義
    • Ⅱ−ソクラテス
    • Ⅲ−プラトン
    • Ⅳ−アリストテレス
  • 2講 ローマ法の形成
    • Ⅰ−はじめに
    • Ⅱ−キケロ
    • Ⅲ−ガイウス
    • Ⅳ−パピニアヌス
    • Ⅴ−ウルピアヌス
  • 3講 「法」と法の支配
    • Ⅰ−裁判官,法律家による法の支配の伝統
    • Ⅱ−クックと法の支配
    • Ⅲ−ホッブズのクック批判から,ヘイル/ブラックストーンへ
    • Ⅳ−ベンサムと法の支配
    • Ⅴ−ダイシーによる議会主権と法の支配の両立
  • 4講 社会契約
    • Ⅰ−社会契約説の特徴
    • Ⅱ−ホッブズ
    • Ⅲ−ロック
    • Ⅳ−ルソー
    • Ⅴ−共通点と相違点
    • Ⅵ−その影響と現代的意義
  • 5講 ドイツ観念論の完成
    • Ⅰ−はじめに
    • Ⅱ−カント
    • Ⅲ−フィヒテ
    • Ⅳ−ヘーゲル
  • 6講 中世ゲルマン法と歴史法学
    • Ⅰ−序説
    • Ⅱ−「ゲルマン法」の概念
    • Ⅲ−中世ゲルマン法の実像
    • Ⅳ−歴史法学
    • Ⅴ−まとめ
  • 7講 「概念法学」批判
    • Ⅰ−「概念法学」概念の誕生
    • Ⅱ−プフタの法概念と法理論体系
    • Ⅲ−イェーリングにおける法思想の展開
    • Ⅳ−「概念法学」批判の意義
  • 8講 法社会学の形成
    • Ⅰ−はじめに
    • Ⅱ−エールリッヒ
    • Ⅲ−ウェーバー
  • 9講 国法学と立憲主義
    • Ⅰ−イェリネクと美濃部達吉
    • Ⅱ−イェリネクの一般国家学
    • Ⅲ−家産国家論者との闘争
    • Ⅳ−天皇機関説論争と美濃部の憲法学
  • 10講 法実証主義の極限と「例外状態」の合法性
    • Ⅰ−時代状況
    • Ⅱ−ケルゼンの純粋法学
    • Ⅲ−シュミットの決断思考
    • Ⅳ−ケルゼンとシュミットの民主制論
    • Ⅴ−おわりに
  • 11講 法実証主義の再興
    • Ⅰ−法実証主義の再興を目指して
    • Ⅱ−「承認のルール」と法的ルールの二つの見方
    • Ⅲ−法と道徳分離論
    • Ⅳ−司法的裁量論
    • Ⅴ−法理論の二つの捉え方
  • 12講 法実証主義への挑戦
    • Ⅰ−ハート=フラー論争
    • Ⅱ−ドゥオーキンの権利論
    • Ⅲ−ドゥオーキンの「純一性としての法」
    • Ⅳ−おわりに
  • 13講 正義論の展開
    • Ⅰ−政治理論の復権から「正義」の論争へ
    • Ⅱ−前期ロールズの『正義論』
    • Ⅲ−コミュニタリアニズムの登場
    • Ⅳ−後期ロールズの理論
    • Ⅴ−ドゥオーキンの理論
    • Ⅵ−おわりに
  • 14講 リバタリアニズムの法思想
    • Ⅰ−リバタリアニズムとは何か
    • Ⅱ−ハイエクの法理論
    • Ⅲ−ノージックの最小国家論
    • Ⅳ−おわりに
  • 15講 ポストモダン法学の思想
    • Ⅰ−ポストモダン法学とは何か
    • Ⅱ−デリダ
    • Ⅲ−ルーマン
    • Ⅳ−フーコー
    • Ⅴ−おわりに