サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

国際金融

国際金融 (サピエンティア)

  • 小川 英治(著)/ 岡野 衛士(著)
  • 第1章 国際収支と為替相場
    • 1.1 国際収支
    • 1.2 国際収支と為替相場
  • 第2章 経常収支と国際貸借
    • 2.1 国際貸借と経常収支
    • 2.2 消費と経常収支
    • 2.3 政府支出の導入
    • 2.4 投資の役割
  • 第3章 国際経済におけるマクロ経済政策
    • 3.1 マンデル=フレミング・モデル
    • 3.2 変動為替相場制度下のマクロ経済政策
    • 3.3 固定為替相場制度下のマクロ経済政策
    • 3.4 まとめ
  • 第4章 国際金融のトリレンマ
    • 4.1 国際金融のトリレンマとは?
    • 4.2 マンデル=フレミング・モデルにおける「国際金融のトリレンマ」
    • 4.3 各国が直面する「国際金融のトリレンマ」
  • 第5章 マクロ経済政策の国際協調
    • 5.1 ケインジアン・モデルでの議論と問題点
    • 5.2 ニュー・ケインジアンの2国モデル
    • 5.3 ニュー・ケインジアンと政策協調の効果
  • 第6章 為替相場の決定要因
    • 6.1 購買力平価
    • 6.2 バラッサ=サミュエルソン効果
    • 6.3 金利平価
  • 第7章 為替相場決定モデル
    • 7.1 マネタリー・アプローチ
    • 7.2 ポートフォリオバランス・モデル
    • 7.3 ニュースの理論
  • 第8章 為替介入と外貨準備
    • 8.1 為替介入
    • 8.2 為替介入の実際
    • 8.3 外貨準備保有:原因と動機
  • 第9章 通貨統合と最適通貨圏の理論
    • 9.1 通貨同盟の便益と費用
    • 9.2 最適通貨圏の理論
    • 9.3 ユーロ導入に至るまでの道のり
    • 9.4 欧州通貨同盟における欧州中央銀行制度
    • 9.5 ユーロ導入後の経済収斂条件の達成状況
    • 9.6 財政規律を求めた「安定成長協定」から「財政協定」へ
    • 9.7 EU拡大に伴うユーロ導入国
  • 第10章 国際通貨体制
    • 10.1 国際通貨の機能
    • 10.2 交換手段としての機能とネットワーク外部性
    • 10.3 基軸通貨の慣性
    • 10.4 ガリバー型国際通貨システム
  • 第11章 通貨危機の類型とその応用
    • 11.1 ファンダメンタルズに基づく通貨危機モデル(第1世代モデル)
    • 11.2 自己実現的通貨危機モデル(第2世代モデル)
    • 11.3 金融危機・通貨危機相互依存モデル(第3世代モデル)
    • 11.4 通貨危機の伝染効果
    • 11.5 世界金融危機からユーロ圏危機へのプロセス
  • 第12章 国際金融アーキテクチャー
    • 12.1 金融のグローバル化と資本規制
    • 12.2 為替投機と規制・監督
    • 12.3 国際収支危機管理の国際機関としての国際通貨基金(IMF)
    • 12.4 アジアにおける地域金融協力
    • 12.5 頑健な国際金融アーキテクチャーに向けて