サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • はじめに
    • 0−1.はじめに
    • 0−2.日本における被害者保護の動向
    • 0−3.本書の課題と検討方法
  • 第1部 被害者による刑事司法への参加をめぐる状況と量刑への影響
  • 第1章 日本
    • 1−1.日本における被害者の刑事裁判への参加
    • 1−2.日本における研究状況
    • 1−3.小括
  • 第2章 アメリカ
    • 2−1.VISの概要
    • 2−2.VISが量刑に及ぼす影響に関する研究
    • 2−3.小括
  • 第3章 オーストラリア,イギリス
    • 3−1.オーストラリアにおける状況
    • 3−2.イングランドおよびウェールズにおける状況
    • 3−3.スコットランドにおける状況
    • 3−4.小括
  • 第4章 模擬裁判研究
    • 4−1.導入
    • 4−2.模擬裁判研究実施方法の特徴
    • 4−3.模擬裁判研究の知見
    • 4−4.模擬裁判研究の問題点とそれへの対応
    • 4−5.小括
  • 第5章 先行研究の知見とその含意
    • 5−1.英米法圏における実証研究の知見の総括
    • 5−2.これまでの議論の取りまとめ
  • 第2部 理論的検討
  • 第6章 心理学の視点から
    • 6−1.公正の心理学の視点から
    • 6−2.帰属研究の視点から
    • 6−3.感情研究の視点から
    • 6−4.身元の分かる被害者効果の視点から
    • 6−5.進化心理学の視点から
  • 第7章 裁判官の量刑判断と数値換算
    • 7−1.裁判官の量刑判断とバイアス
    • 7−2.具体的な数値としての量刑判断
  • 第8章 知見の総括とその含意
    • 8−1.理論的検討の総括
    • 8−2.先行研究の知見の再検討
  • 第3部 実証研究
  • 第9章 被害者参加による影響のメカニズム
    • 9−1.「被害者参加が量刑判断に及ぼす影響」の意味
    • 9−2.被害者関連情報の分類
    • 9−3.小括
  • 第10章 制度利用と量刑
    • 10−1.実験の実施方法
    • 10−2.分析結果
    • 10−3.小括
  • 第11章 被害者感情と量刑
    • 11−1.問題関心
    • 11−2.実験の実施方法
    • 11−3.分析結果
    • 11−4.分布グラフに対する反応の違い
    • 11−5.小括
  • 第12章 自動車事故事件の記録調査
    • 12−1.研究の目的および方法
    • 12−2.分析結果
    • 12−3.意見陳述制度以外の被害者関与との関連
    • 12−4.意見陳述制度と量刑判断との関係についての質的検討
    • 12−5.総合考察
    • 12−6.本調査の限界と今後の課題
  • 第13章 まとめ
    • 13−1.実証研究の知見のまとめ
    • 13−2.心理学モデルとの関連
    • 13−3.本研究のまとめ
    • 13−4.課題への回答
    • 13−5.今後の課題