サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

三國志演義成立史の研究

三國志演義成立史の研究

  • 井口 千雪(著)
  • 序章 諸版本の体裁から見た刊行経緯と受容のあり方
    • はじめに
    • 第一節 嘉靖壬午序本の特異性と修髯子序の謎
    • 第二節 「修髯子」の正体−明代の家蔵書目録に見られる『三國志演義』の記録から−
    • 第三節 現存の嘉靖壬午序本の刊行者(1)−郭勲刊本か内府刊本か−
    • 第四節 現存の嘉靖壬午序本の刊行者(2)−明代の官蔵書目録に見られる『三國志演義』の記録から−
    • 第五節 嘉靖壬午序本とその他の諸本の関係
    • 小結
  • 導論篇
  • 第一章 成立と展開
    • はじめに
    • 第一節 「原演義」から諸版本へ−嘉靖壬午序本と葉逢春本−
    • 第二節 「羅貫中原本」の成立と「原演義」への発展−『三國志演義』の素材−
    • 小結
  • 前篇 「原演義」から諸版本へ
  • 第二章 三系統の版本の継承関係
    • はじめに
    • 第一節 葉逢春本の脱落箇所について
    • 第二節 原演義から三系統の版本が派生するまで
    • 第三節 版本間での人物像の違い
    • 小結
  • 第三章 三系統の異同の全体像から見た成立過程の考察
    • はじめに
    • 第一節 序盤
    • 第二節 中盤
    • 第三節 終盤
    • 小結
  • 附考1 劉龍田本が拼湊本である可能性について
  • 第四章 関索説話に関する考察
    • はじめに
    • 第一節 花関索説話と関索説話−先行研究と問題点の整理−
    • 第二節 原演義に関索説話は存在したか(1)−関索から魏延へ−
    • 第三節 原演義に関索説話は存在したか(2)−関索から馬岱へ−
    • 第四節 馬岱の英雄性・神話性
    • 第五節 劉龍田本と周曰校本の関係−どちらが先行するテキストか−
    • 小結
  • 附考2 嘉靖壬午序本、周曰校本、夏振宇本の異同について
  • 附考3 「文人的志向」なる書き換え、その起こり
  • 後篇 「羅貫中原本」の成立と「原演義」への発展
  • 第五章 執筆プロセスに関わる考察
    • はじめに
    • 第一節 主要人物の活躍部分−『平話』と『三國志』(及び裴松之注)の利用−
    • 第二節 サブキャラクターに関するエピソード−『綱目』に拠った増補か−
    • 第三節 呉の物語の創作
    • 小結
  • 第六章 『三國志演義』と『蜀漢本末』
    • はじめに
    • 第一節 『蜀漢本末』の刊行経緯等
    • 第二節 『演義』執筆における『蜀漢本末』の利用
    • 第三節 『蜀漢本末』の再評価
    • 小結
  • 第七章 終盤の後補
    • はじめに
    • 第一節 『三國志』(及び裴松之注)の利用法
    • 第二節 『綱目』の利用法
    • 第三節 無視された『晉書』と『資治通鑑』
    • 第四節 『蜀漢本末』の影響
    • 小結
  • 結語

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む