サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

  • 序章 開発援助に内在する構造的な問題
    • 第1節 本書の目的
    • 第2節 本書の方法と狙い
    • 第3節 調査方法
    • 第4節 本書の構成
  • 第Ⅰ部 介入の理論
  • 第1章 開発援助の介入論
    • 第1節 先行研究における介入論の変遷:参加型開発論を中心に
    • 第2節 理論枠組み
    • 第3節 分析枠組み:ODA介入の4類型
  • 第2章 国境を越えることの重さ
    • 第1節 政策上の包摂要請と制度上の包摂関係とのギャップ
    • 第2節 国境を越える政策の責任:法的ではなく道義的な問題
    • 第3節 「内政不干渉の原則」と「対外的アカウンタビリティ」の両立問題
    • 第4節 ドナーの立ち位置の再確認
  • 第Ⅱ部 事例検証
  • 第3章 事例の概要:ガンジス川浄化計画
    • 第1節 ガンジス川水系汚染問題の実態と原因
    • 第2節 ガンジス川浄化計画と関係の深いインドの諸制度
    • 第3節 ガンジス川浄化計画の概要
    • 第4節 ガンジス川浄化計画に対する評価
  • 第4章 ブリンダバン1:介入の連鎖の不具合
    • 第1節 ブリンダバン町の概要
    • 第2節 ヤムナ川浄化計画第一期(YAP−Ⅰ)事業概要(1993−2003)
    • 第3節 下水道事業
    • 第4節 CTC(共同/公衆トイレ)事業
    • 第5節 火葬施設事業
    • 第6節 その他の事業(植林、沐浴場の整備、公衆参加啓発)
    • 第7節 まとめ:破綻しているシナリオ
  • 第5章 デリー市のトイレ事業:迷惑なジャパニーズ・トイレ
    • 第1節 〈指導マニュアル型介入〉
    • 第2節 デリー市におけるYAP−ⅠのCTC事業
    • 第3節 マンゴルプリのCTC群:迷惑な「ジャパニーズ・トイレ」
    • 第4節 まとめ:間接介入の限界
  • 第6章 バラナシ市の下水道事業:援助対象者の敵になる
    • 第1節 バラナシ市の概要:ガンジス川最大の聖地
    • 第2節 地元NGO、SMFについて
    • 第3節 SMFがGAP−Ⅱの事業計画を作成する
    • 第4節 二つの事業計画をめぐる論争(2003年まで)
    • 第5節 日本のODAの登場
    • 第6節 M氏の新しい戦略
    • 第7節 まとめ:空しい「社会配慮」
  • 第7章 ブリンダバン2:〈指導マニュアル型介入〉の検証
    • 第1節 ヤムナ川浄化計画第二期(YAP−Ⅱ)事業概要(2004−2010)
    • 第2節 下水道事業計画の策定事業
    • 第3節 組織強化および能力構築事業(改革行動計画)
    • 第4節 公衆参加啓発事業
    • 第5節 日本のODAの情報収集能力の検証
    • 第6節 まとめ:援助対象社会との遠い距離感
  • 第Ⅲ部 介入の選択
  • 第8章 〈直接統制型介入〉の検討:参加型開発の批判的検討を通して
    • 第1節 参加型開発と〈直接統制型介入〉の包含関係
    • 第2節 参加型開発における一方向性のリスク:「専制」
    • 第3節 開発援助の“文化を越える困難”
    • 第4節 まとめ:理念の先行により拡大されるリスク
  • 第9章 〈仲介型介入〉の構想:ガンジス川浄化計画の実証研究を通して
    • 第1節 日本のODAにおける〈消極介入〉の伝統:「自助努力」
    • 第2節 「自助努力」と「社会配慮」の対立:〈直接介入〉の必要性
    • 第3節 仲介型介入の構想:自由放任型に仲介機能を追加
    • 第4節 仲介型介入のエッセンス:国境と文化の壁と向き合うこと
  • 終章 どのような介入を望むのか?
    • 第1節 ODAの目的
    • 第2節 ODAを介した負担者と受益者との関係

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む