サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

保育内容総論 第3版

保育内容総論 第3版 (保育・教育ネオシリーズ)

  • 塩 美佐枝(編)/ 松田 好子(著)/ 鈴木 照美(著)/ 日浦 直美(著)/ 高梨 珪子(著)/ 岸井 勇雄(監修)/ 無藤 隆(監修)/ 柴崎 正行(監修)/ 児嶋 雅典(著)/ 師岡 章(著)/ 二見 素雅子(著)/ 岡田 耕一(著)/ 阿部 真美子(著)/ 湯川 秀樹(著)/ 守隨 香(著)/ 入江 礼子(著)
  • 第1章 保育内容の考え方
    • 1.保育内容とは
    • 2.小学校の教科と保育内容
  • 第2章 保育内容の変遷
    • 1.社会の変化と保育内容との関連
    • 2.幼稚園における変遷
    • 3.保育所における変遷
    • 4.認定こども園における変遷
    • 5.学校教育としての幼稚園教育
  • 第3章 「幼稚園教育要領」にみる保育内容
    • 1.教育内容の基本
    • 2.5領域の内容
    • 3.子どもや社会の変化に対応する保育内容
  • 第4章 「保育所保育指針」にみる保育内容
    • 1.「保育所保育指針」の改定−新しい保育の始まり
    • 2.保育指針とは何か
    • 3.「保育所保育指針」の概観−旧保育指針と新(現行)保育指針を比較して
    • 4.保育所の役割
    • 5.保育所保育の目的,目標
    • 6.子どもの発達と保育
    • 7.保育所における保育内容の構成−養護と教育が一体化した保育の内容
  • 第5章 「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」にみる保育内容
    • 1.新幼保連携型認定こども園の誕生
    • 2.新幼保連携型認定こども園と政策,法律
    • 3.新幼保連携型認定こども園と「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の策定
    • 4.「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の策定と特色
    • 5.「教育・保育要領」策定の基本的な考え方
    • 6.「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」における教育および保育の基本と目標
  • 第6章 環境を通して行う教育
    • 1.環境に含まれる保育内容
    • 2.子どもにとっての遊び
    • 3.環境との相互作用と発達
    • 4.主体的な活動と環境
  • 第7章 保育内容と計画
    • 1.子どもの主体性と保育者の意図性
    • 2.遊びや生活の中の経験を組織化する
    • 3.一人ひとりにとっての園生活の意味
  • 第8章 幼稚園における教育課程と指導計画
    • 1.教育課程の意義
    • 2.編成にあたっての基本的な考え方
    • 3.教育課程編成の手順
    • 4.保育内容の組織としての教育課程
    • 5.教育課程と指導計画の関連
    • 6.指導計画に具体化される保育内容
    • 7.指導計画作成上の今日的課題
  • 第9章 保育所における保育課程と指導計画
    • 1.保育の計画
    • 2.教育と養護の視点から
    • 3.乳児の保育
    • 4.長時間保育
    • 5.評価と改善
  • 第10章 認定こども園における全体的な計画と指導計画
    • 1.認定こども園の概要
    • 2.認定こども園における全体的な計画
    • 3.認定こども園における指導計画
    • ◆資料「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の5領域(ねらいと内容)
  • 第11章 一人ひとりの幼児にとっての保育
    • 1.保育者の役割
    • 2.保育のしくみと幼児理解
    • 3.具体的な援助
    • 4.カウンセリング・マインドと保育
    • 5.チーム保育の考え方
  • 第12章 教育課程外の教育活動
    • 1.「教育課程に係る教育時間の終了後等に行う教育活動」の必要性
    • 2.子どもの生活の連続性と教育活動の内容
    • 3.教育活動の計画と環境の構成
    • 4.家庭・地域との連携
    • 5.適切な指導体制