サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

理工系の基礎化学

理工系の基礎化学

  • 樋上 照男(共編著)/ 三浦 弘(共編著)/ 大藪 又茂(ほか著)
  • 1.導入編
    • 1.1 物理量
    • 1.2 量の次元
    • 1.3 SI基本単位
    • 1.4 SI組立単位
    • 1.5 SI接頭語
    • 1.6 非SI単位
    • 1.7 割合
    • 1.8 物理量の演算
    • 1.9 測定
    • 演習問題
  • 2.物質の構造
    • 2.1 身の回りの物質
    • 2.2 原子の構造
    • 2.3 量子力学の基礎的概念
    • 演習問題
  • 3.原子の構造(1)−水素原子
    • 3.1 シュレーディンガー方程式と波動関数
    • 3.2 量子数と原子軌道
    • 3.3 原子軌道のエネルギーレベル
    • 3.4 電子の占有と遷移
    • 演習問題
  • 4.原子の構造(2)−多電子原子
    • 4.1 多電子原子の電子配置
    • 4.2 基底状態の電子配置
    • 4.3 電子配置と周期表との関係
    • 4.4 陽イオンと陰イオンの電子配置
    • 4.5 原子の性質の周期性
    • 演習問題
  • 5.化学結合
    • 5.1 イオン結合と共有結合
    • 5.2 混成軌道−メタン分子の構造
    • 5.3 σ結合とπ結合−エチレン分子の構造
    • 5.4 共鳴構造
    • 5.5 配位結合
    • 演習問題
  • 6.分子間の相互作用
    • 6.1 結合の極性と電気陰性度
    • 6.2 双極子モーメントと分子の極性
    • 6.3 ファン・デル・ワールス力
    • 6.4 水素結合
    • 演習問題
  • 7.固体の構造
    • 7.1 結晶とアモルファス
    • 7.2 結晶の構成粒子と結合様式
    • 7.3 共有結合結晶
    • 7.4 金属の結晶構造
    • 7.5 X線回折による結晶構造の解析
    • 7.6 バンド構造
    • 演習問題
  • 8.イオン結晶
    • 8.1 イオン結晶の構造
    • 8.2 限界イオン半径比
    • 8.3 格子エネルギーとボルン−ハーバーサイクル
    • 演習問題
  • 9.気体の分子運動
    • 9.1 理想気体の状態方程式
    • 9.2 混合気体の分圧とドルトンの法則
    • 9.3 気体の分子運動論
    • 9.4 マクスウェル−ボルツマン分布
    • 9.5 平均自由行程
    • 9.6 実在気体の状態方程式
    • 演習問題
  • 10.物質の状態変化−純物質の相変化
    • 10.1 物質の三態
    • 10.2 状態図
    • 演習問題
  • 11.混合物の状態変化−気液平衡・固液平衡
    • 11.1 混合物の状態
    • 11.2 理想溶液とラウールの法則
    • 11.3 気液平衡の2成分系状態図
    • 11.4 希薄溶液の性質
    • 11.5 固液平衡の2成分系状態図
    • 演習問題
  • 12.化学熱力学の概要
    • 12.1 エネルギーと熱力学
    • 12.2 内部エネルギーと熱力学第一法則
    • 12.3 エンタルピー
    • 12.4 化学反応のエンタルピー変化とヘスの法則
    • 12.5 自発変化とエントロピー
    • 12.6 状態変化のエントロピー
    • 12.7 化学反応のエントロピー変化
    • 12.8 自発変化の方向とギブズエネルギー
    • 12.9 温度と平衡の関係
    • 12.10 化学反応のΔrGの求め方
    • 12.11 化学反応から利用できる仕事量
    • 演習問題
  • 13.熱力学第一法則
    • 13.1 熱力学の発展
    • 13.2 系と外界
    • 13.3 内部エネルギー
    • 13.4 熱力学第一法則
    • 13.5 エンタルピー
    • 13.6 エンタルピーと熱化学
    • 演習問題
  • 14.熱力学第二法則(エントロピー,ギブズエネルギー)
    • 14.1 自発変化
    • 14.2 カルノーサイクル
    • 14.3 エントロピー
    • 14.4 熱力学第二法則
    • 14.5 ヘルムホルツエネルギーとギブズエネルギー
    • 14.6 物質のエントロピー変化
    • 14.7 熱力学第三法則
    • 14.8 化学反応が進行する方向
    • 演習問題
  • 15.化学平衡
    • 15.1 平衡定数
    • 15.2 ギブズエネルギーと平衡の関係
    • 15.3 平衡定数の温度変化
    • 15.4 温度・圧力変化の影響
    • 15.5 ル・シャトリエの法則
    • 演習問題
  • 16.酸と塩基,中和反応
    • 16.1 アレニウスの定義
    • 16.2 ブレンステッド−ローリーの定義
    • 16.3 ルイスの定義
    • 16.4 電離度と電離平衡
    • 16.5 水の電離とpH
    • 16.6 中和反応
    • 16.7 緩衝液
    • 演習問題
  • 17.酸化と還元
    • 17.1 酸化反応と還元反応
    • 17.2 酸化数
    • 17.3 酸化剤と還元剤
    • 17.4 イオン化傾向
    • 17.5 標準電極電位と電池
    • 17.6 電気分解とファラデーの法則
    • 演習問題
  • 18.化学反応制度
    • 18.1 反応速度の表現
    • 18.2 1次反応の速度式
    • 18.3 2次反応の速度式
    • 18.4 活性化エネルギーと頻度因子
    • 18.5 触媒作用
    • 18.6 熱力学と触媒反応の関係
    • 演習問題
  • 19.現代社会と化学
    • 19.1 環境と化学
    • 19.2 化石燃料
    • 19.3 エネルギー問題
    • 19.4 再生可能エネルギー
    • 演習問題