サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論 〈獄中〉と文学的想像力
    • なぜ〈獄中〉なのか
    • 監獄制度と「近代」
    • 本書での「〈獄中〉言説」「〈獄中〉表象」
    • 「書くこと」の想像力と歴史的に結びつく〈獄中〉
    • 近代日本の〈獄中〉表象の展開
    • 近代日本文学の〈獄中〉表象の特異性とは何か
    • 普遍的イメージ空間としての〈獄中〉をどう捉えるか
    • 本書での〈獄中〉言説のカテゴリーを定義する
  • 第一章 明治期
    • 1 〈獄中〉言説の定義とその表象の系譜
    • 2 近代監獄制度の成立と浮上する〈獄中〉言説
    • 3 北村透谷の「牢獄」
    • 4 「社会主義者」たちによる〈獄中〉言説の構造化
  • 第二章 大正期1
    • 1 「大正的」言説の構造的特性をめぐって
    • 2 メディア空間としての『中央公論』
    • 3 松崎天民の流通と終焉
    • 4 大杉栄『獄中記』の誕生
    • 5 〈獄中〉の想像力のゆくえ
  • 第三章 大正期2
    • 1 近代出版メディアと山中峯太郎(一)
    • 2 近代出版メディアと山中峯太郎(二)
    • 3 〈獄中〉に投影される内的変革のドラマ
    • 4 ジャンル化される〈獄中〉言説/制度化される想像力
  • 第四章 大正期3〜昭和期1
    • 1 プロレタリア文学の〈獄中〉と「闘争」をめぐる表象
    • 2 芥川龍之介と「獄中の俳人」和田久太郎
    • 3 暴力性のゆくえと治安維持法
    • 4 『新青年』における〈獄中〉表象の消費
  • 第五章 昭和期2
    • 1 昭和初期の〈獄中〉言説
    • 2 〈獄中〉文学者・林房雄(一)
    • 3 〈獄中〉文学者・林房雄(二)
    • 4 「歴史」と「文学」の接合と〈獄中〉表象
    • 5 空白としての「言葉」の消費
  • 第六章 昭和期3〜平成期
    • 1 敗戦後の〈獄中〉表象をめぐる転換と連続
    • 2 他者性と実存の空間
    • 3 政治性からの分離と「塀の中」のトピックス消費
    • 4 見沢知廉における〈獄中〉者の系譜とその断絶
  • 終章 〈獄中〉の想像力と「文学」のゆくえ
    • 「監獄法」の終焉と〈獄中〉言説の歴史性
    • 後藤慶二と中野重治の「監獄」
    • 「文学」のゆくえと〈獄中〉の想像力
    • 現代日本の文化消費における〈獄中〉