サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

目次

刑法の礎・各論

刑法の礎・各論

  • 船山 泰範(著)
  • 序章 刑法学のねらい
    • 1 刑法学は,人を幸せにするための学問
    • 2 犯罪の成立要件と各論の関係
    • 3 刑法各論は罪刑法定主義の実践場面
  • 第Ⅰ部 生命・身体・自由に対する罪
  • 第1章 殺人罪
    • 1 殺人罪総説
    • 2 殺人罪(199条)
    • 3 殺人予備罪(201条)
    • 4 自殺関与罪・同意殺人罪(202条)
    • 5 殺人未遂罪(203条・199条・202条)
    • 6 傷害罪の再構成
    • 7 暴行罪(208条)
    • 8 傷害罪(204条)
    • 9 傷害致死罪(205条)
    • 10 現場助勢罪(206条)
    • 11 同時傷害の特例(207条)
    • 12 凶器準備集合罪(208条の2)
    • 13 過失傷害罪(209条)
    • 14 過失致死罪(210条)
    • 15 業務上過失致死傷罪・重過失致死傷罪(211条)
    • 16 堕胎の罪
    • 17 遺棄罪(217条)
    • 18 保護責任者遺棄罪(218条)
    • 19 逮捕監禁罪(220条)
    • 20 略取および誘拐の罪
  • 第2章 性犯罪
    • 1 性犯罪と性的感情を害する罪の区分
    • 2 性犯罪に関する偏見を克服して
    • 3 性犯罪の保護法益
    • 4 親告罪
    • 5 強姦罪
    • 6 強制わいせつ罪(176条)
    • 7 準強制わいせつ罪・準強姦罪(178条)
    • 8 集団強姦罪(178条の2)
    • 9 強制わいせつ致死傷罪・強姦致死傷罪(181条)
  • 第3章 自動車交通犯罪
    • 1 自動車交通犯罪の所在
    • 2 自動車交通犯罪の全貌と新法(自動車運転致死傷処罰法)の関係
    • 3 過失運転致死傷罪(新法5条)
    • 4 危険運転致死傷罪(新法2条・3条)
    • 5 影響発覚免脱罪(4条)
    • 6 無免許運転加重(6条)
    • 7 ひき逃げ罪
    • 8 他罪との関係
    • 9 総論との関係
  • 第4章 名誉毀損罪
    • 1 名誉に対する罪の保護法益
    • 2 名誉毀損罪(230条)
    • 3 公共の利害に関する場合の特例(230条の2)
    • 4 侮辱罪(231条)
    • 5 名誉に対する罪の親告罪
    • 6 秘密の保護
    • 7 信書開封罪(133条)
    • 8 秘密漏示罪(134条)
    • 9 住居侵入罪(130条前段)
    • 10 不退去罪(130条後段)
    • 11 脅迫罪(222条)
    • 12 強要罪(223条)
    • 13 業務妨害罪の保護法益
    • 14 業務と公務
    • 15 信用毀損罪(233条前段)
    • 16 業務妨害罪(233条後段・234条)
    • 17 電子計算機損壊等業務妨害罪(234条の2)
  • 第5章 特別公務員暴行陵虐罪
    • 1 保護法益は何か
    • 2 刑事司法機能を発揮するために
    • 3 公務員職権濫用罪(193条)
    • 4 特別公務員職権濫用罪(194条)
    • 5 特別公務員暴行陵虐罪(195条)
    • 6 特別公務員職権濫用致死傷罪(196条)
  • 第Ⅱ部 財産に対する罪
  • 第6章 財産罪総論
    • 1 財産犯罪の意味
    • 2 財産犯罪の分類
    • 3 財物・物
    • 4 財産上の利益
    • 5 財産罪の保護法益
    • 6 不法領得の意思
  • 第7章 窃盗罪
    • 1 窃盗罪序説
    • 2 遺失物領得罪(254条)
    • 3 窃盗罪(235条)
    • 4 親族相盗例(244条)
    • 5 不動産侵奪罪(235条の2)
    • 6 盗罪と総論との関係
  • 第8章 強盗罪
    • 1 強盗罪の保護法益
    • 2 1項強盗罪(236条1項)
    • 3 2項強盗罪(236条2項)
    • 4 事後強盗罪(238条)
    • 5 昏酔強盗罪(239条)
    • 6 強盗致死傷罪(240条)
    • 7 強盗強姦罪・強盗強姦致死罪(241条)
    • 8 強盗予備罪(237条)
    • 9 特別法上の強盗罪(盗犯等の防止及び処分に関する法律)
  • 第9章 詐欺罪
    • 1 詐欺罪(246条)
    • 2 準詐欺罪(248条)
    • 3 恐喝罪(249条)
    • 4 横領および背任の罪
    • 5 横領罪(252条)
    • 6 業務上横領罪(253条)
    • 7 背任罪(247条)
    • 8 盗品譲受け罪(256条)
    • 9 毀棄および隠匿の罪
    • 10 器物損壊罪(261条)
  • 第Ⅲ部 社会的法益に対する罪
  • 第10章 放火罪
    • 1 保護法益
    • 2 放火罪総説
    • 3 現住建造物等放火罪(108条)
    • 4 非現住建造物等放火罪(109条)
    • 5 建造物以外の放火罪(110条)
    • 6 第2編第9章の他の犯罪
    • 7 業務上失火罪(117条の2)
    • 8 出水および水利に関する罪
    • 9 往来妨害罪総説
    • 10 往来妨害罪(124条)
    • 11 往来危険罪(125条)
    • 12 電車転覆罪(126条)
    • 13 往来危険電車転覆罪(127条)
    • 14 過失往来危険罪(129条)
    • 15 騒乱の罪
    • 16 薬物犯罪
    • 17 飲料水に関する罪(142〜147条)
  • 第11章 偽造罪
    • 1 偽造罪の歴史
    • 2 通貨偽造罪(148条)
    • 3 外国通貨偽造罪(149条)
    • 4 偽造通貨収得罪(150条)
    • 5 収得後知情行使罪(152条)
    • 6 通貨偽造準備罪(153条)
    • 7 有価証券偽造罪(162条)
    • 8 文書偽造罪の意義
    • 9 公文書偽造罪(155条)
    • 10 詔書偽造罪(154条)
    • 11 虚偽公文書作成罪(156条)
    • 12 公正証書原本不実記載罪(157条)
    • 13 偽造公文書行使罪(158条)
    • 14 私文書偽造罪(159条)
    • 15 虚偽診断書作成罪(160条)
    • 16 偽造私文書行使罪(161条)
    • 17 印章偽造罪
    • 18 社会生活の感情を侵す罪
    • 19 公然わいせつ罪(174条)
    • 20 わいせつ物頒布罪(175条)
    • 21 性に関する安心感に関するその他の罪
    • 22 賭博罪(185条)
    • 23 常習賭博罪(186条1項)
    • 24 賭博場開張図利罪(186条2項)
    • 25 富くじ発売罪(187条)
    • 26 礼拝所・墳墓に関する罪の保護法益
    • 27 死体損壊罪(190条)
  • 第12章 サイバー犯罪
    • 1 サイバー犯罪
    • 2 コンピュータ・電磁的記録犯罪
    • 3 電磁的記録不正作出罪(161条の2)
    • 4 電子計算機損壊等業務妨害罪(234条の2)
    • 5 電子計算機使用詐欺罪(246条の2)
    • 6 支払用カード電磁的記録不正作出罪(163条の2)
    • 7 不正電磁的記録カード所持罪(163条の3)
    • 8 支払い用カード電磁的記録不正作出準備罪(163条の4)
    • 9 不正指令電磁的記録作成罪(168条の2)
    • 10 不正指令電磁的記録取得罪(168条の3)
  • 第Ⅳ部 国家的法益に対する罪
  • 第13章 公務執行妨害罪
    • 1 公務の執行を妨害する罪の保護法益
    • 2 公務執行妨害罪(95条1項)
    • 3 職務強要罪(95条2項)
    • 4 封印破棄罪(96条)
    • 5 強制執行妨害目的財産損壊罪(96条の2)
    • 6 強制執行行為妨害罪(96条の3)
    • 7 強制執行関係売却妨害罪(96条の4)
    • 8 加重封印等破棄罪(96条の5)
    • 9 競売入札妨害罪(96条の6第1項)
    • 10 談合罪(96条の6第2項)
    • 11 刑事司法作用に対する犯罪
    • 12 単純逃走罪(97条)
    • 13 加重逃走罪(98条)
    • 14 被拘禁者奪取罪(99条)
    • 15 逃走援助罪(100条)
    • 16 看守者逃走援助罪(101条)
    • 17 犯人蔵匿罪(103条)
    • 18 証拠隠滅罪(104条)
    • 19 証人威迫罪(105条の2)
    • 20 偽証罪(169条)
    • 21 虚偽鑑定罪(171条)
    • 22 虚偽告訴罪(172条)
  • 第14章 賄賂罪
    • 1 賄賂罪の基本
    • 2 単純収賄罪(197条1項前段)
    • 3 受託収賄罪(197条1項後段)
    • 4 事前収賄罪(197条2項)
    • 5 第三者供賄罪(197条の2)
    • 6 加重収賄罪(197条の3第1項・2項)
    • 7 事後収賄罪(197条の3第3項)
    • 8 あっせん収賄罪(197条の4)
    • 9 贈賄罪(198条)
    • 10 没収および追徴(197条の5)
    • 11 あっせん利得処罰法
    • 12 国家の存立を危うくする罪
    • 13 内乱罪(77条)
    • 14 外患誘致罪(81条)
    • 15 外国国章損壊罪(92条)
    • 16 私戦予備・陰謀罪(93条)