サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第Ⅰ部 本研究の背景と課題
    • 第1章 問題の背景
    • 第2章 描画研究の歴史と動向
    • 第3章 描画および創造性研究領域における認知的研究の動向と知見
    • 第4章 本研究の課題と方法
  • 第Ⅱ部 描画制作過程の分析
    • 第5章 研究1;「描画課題」の妥当性に関する探索的研究
    • 第6章 研究2;「具象性評定尺度」を用いた描画作品の分析と主に描画時間に基づく描画行動の分析
    • 第7章 研究3;具象群と非具象群の描画特性と発達的変化
    • 第8章 研究4;「共通反応」の出現に関する検討
    • 第9章 研究5;描画特性の一貫性に関する検討
  • 第Ⅲ部 具象群と非具象群の認知特性と認知スタイル
    • 第10章 研究6;WISC−Ⅲを用いた表現タイプ群の言語性知能と動作性知能の検討
    • 第11章 研究7;DN−CASを用いた表現タイプ群の「同時処理」と「継次処理」の検討
    • 第12章 研究8;EFTを用いた表現タイプ群の「場依存・場独立」認知スタイルの検討
    • 第13章 研究9;「場依存・場独立」と「大域処理・局所処理」の関連性に関する検討
  • 第Ⅳ部 展望と課題
    • 第14章 研究のまとめと総合的考察