サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 第1章 21世紀の「軍・政治権力・市民社会」間関係
    • 1 先行研究動向概観
    • 2 2001年以降の軍の政治的役割を巡る新たな局面
    • 3 市民社会と軍と民主化
  • 第2章 「アラブの春」と政軍関係
    • はじめに
    • 1 途上国政軍関係の「伝統」的論点
    • 2 市民社会の存否
    • 3 軍の専門職業主義と制度化
    • 4 将校団の共和国
    • 5 準軍事組織・軍の分極化・民兵
    • 6 クーデタ耐性の破裂
    • おわりに
  • 第Ⅰ部 政治権力と軍
  • 第3章 タイのクーデタ
    • はじめに
    • 1 なぜクーデタをするのか
    • 2 1991年クーデタと1992年「暴虐の5月」事件
    • 3 2006年クーデタ
    • 4 2014年クーデタ
    • おわりに
  • 第4章 スィースィー政権の権威主義化にみるエジプト国軍の役割
    • はじめに
    • 1 これまでの経緯
    • 2 呼ばれ出ていく国軍
    • 3 権威主義を温存させた民主化プロセス
    • 4 スィースィー政権における権威主義の強化
    • おわりに
  • 第5章 パキスタン政治の変化と軍の役割
    • はじめに
    • 1 最高裁の自立的な動きとその起源
    • 2 背景としての政治状況
    • 3 政軍関係の変化
    • おわりに
  • 第6章 イエメン・ホーシー派の展開
    • 1 内戦の背景
    • 2 ホーシー派に関わる情勢と特徴
    • 3 地域情勢との比較と政軍関係
  • 第7章 革命か,クーデタか
    • はじめに
    • 1 ミロシェヴィッチ体制下の軍と治安機関
    • 2 ミロシェヴィッチ体制の崩壊における軍と治安機関の役割
    • 3 新体制における軍と治安機関
    • おわりに
  • 第8章 イラク国家建設と軍再建の蹉跌
    • はじめに
    • 1 軍の解体と頓挫した再建
    • 2 祖国を守るのは誰か
    • 3 軍の改革
    • 4 軍の退場
    • おわりに
  • 第9章 分断社会における国軍の相貌
    • はじめに
    • 1 ポスト内戦期における「軍の脱政治化」
    • 2 戦わない軍,戦えない軍
    • 3 「軍の脱政治化」がもたらす「政治の再軍事化」
    • おわりに
  • 第Ⅱ部 市民社会と選挙
  • 第10章 フィリピンにおける新たな政軍関係の展開
    • はじめに
    • 1 政軍関係に関する理論的考察
    • 2 マルコス独裁体制からコラソン・アキノ民主体制へ
    • 3 政軍関係を規定する制度的要因
    • 4 政権交代を求める軍部と市民社会
    • 5 軍部と市民社会との新たな関係
    • おわりに
  • 第11章 エジプトにおける2つの「革命」と社会運動
    • はじめに
    • 1 「1月25日革命」
    • 2 「革命」間期
    • 3 「6月30日革命」
    • おわりに
  • 第12章 民主化期のインドネシアにおける政軍関係と市民社会
    • はじめに
    • 1 民主化移行期における政軍関係の変容
    • 2 市民社会と軍
    • 3 国家と市民社会
    • おわりに
  • 第13章 イランにおける制度的弾圧と一般国民
    • はじめに
    • 1 イラン型競合的選挙をめぐる謎
    • 2 イラン型競合的選挙の制度的起源
    • おわりに
  • 第14章 マレーシアにおけるゲームのルールと軍
    • はじめに
    • 1 エリート政治と民主制の危機:植民地期−1970年まで
    • 2 国民戦線体制の強靱性:1971−1997年
    • 3 国民戦線体制の動揺と漸進的自由化に向けた動き:1997年以降
    • おわりに