サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章−本書へのいざないと展望
    • 一 一つのカラダに二つの心
    • 二 外にある心
    • 三 妄心のいたりて狂せるか−〈心〉と〈外部〉
    • 四 魔と文芸
    • 五 自分の内なる二つの心−真心と妄心
    • 六 心と鏡−妄心こそ悟りの証し
    • 七 本書への展望
  • 第一章 心に思うままを書く草子−徒然草とは何か
    • 一 『徒然草』成立伝説が示唆すること
    • 二 つれづれなるままに
    • 三 『徒然草』序段表現の典拠再考−『枕草子』跋文をめぐって
    • 四 序段謙退の構造
    • 五 心に浮かぶことを書き付ける系譜
    • 六 手習・反古と思うままを書く草子
    • 七 『徒然草』序段と『源氏物語』−「硯にむかふ」手習
    • 八 『徒然草』序段と『源氏物語』−「そこはかとなく書きつくる」手習
    • 〈補論〉
  • 第二章 心に思うままを書く草子−〈やまとうた〉から〈やまとことば〉の散文史へ
    • 一 『源氏物語』の手習から『徒然草』へ
    • 二 心に思うことを書くことと『古今和歌集』
    • 三 心に思うままを詠む京極派への批判が拓く散文表現の可能性
    • 四 兼好の『古今和歌集』注釈と『徒然草』
    • 五 歌人としての兼好と「随意」なる「やまとことば」の提唱
    • 六 思う心と綴ることば−『徒然草』の選択と方法
    • 七 『徒然草』という達成−中世散文史へ向けて
  • 第三章 徒然草の「心」
    • 一 心に動く−問題の所在
    • 二 心にうつりゆく−『徒然草』序段の解釈
    • 三 心に「うつりゆく」と鏡の譬喩
    • 四 心と鏡の中世
    • 五 『徒然草』二三五段の譬喩をめぐる
    • 六 『徒然草』と禅的表現−『仏法大明録』をめぐって
    • 七 『明心』が提起する視界
    • 八 真心と妄心の構造−『徒然草』への途
    • 九 心と詞−鏡の比喩がもたらすもの
  • 第四章 徒然草と仮名法語
    • 一 『徒然草』と禅宗との関係
    • 二 『徒然草』と仮名法語の類似性
    • 三 仮名法語の体用論をめぐる問題と『徒然草』
    • 四 『徒然草』と禅という視点
    • 五 聖一国師仮名法語について
  • 第五章 ツクモガミの心とコトバ
    • 一 ちいさきもの−ヒアシンスハウスの心
    • 二 物に宿る精気、変化するツクモガミ
    • 三 ツクモガミと『伊勢物語』古注
    • 四 「作物所」とツクモガミ
  • 第六章 和歌を詠む「心」
    • 一 『撰集抄』に於ける和歌と唯識
    • 二 唯識を説く『古今和歌集』注釈書
    • 三 『沙石集』の歌論が示唆するもの
    • 四 和歌を詠む〈二つの心〉と唯識論
    • 五 外から来る心と散文の成立
    • 六 和歌と散文−根拠と離脱へ
  • 第七章 和歌と阿字観−明恵の「安立」をめぐって
    • 一 明恵『遣心和歌集』の「安立」
    • 二 仏教語「安立」再考と為兼歌論「相応」との連続
    • 三 「安立」が導く阿字観と和歌の関係
    • 四 『遣心和歌集』の「安立」再読−阿字観との関わり
    • 五 阿字観と『古今和歌集』
    • 六 阿字観と明恵
  • 第八章 沙石集と〈和歌陀羅尼〉説−文字超越と禅宗の衝撃
    • 本論の前提−はじめにかえて
    • 一 和歌陀羅尼説について
    • 二 『沙石集』の和歌陀羅尼説
    • 三 『沙石集』に先行する和歌陀羅尼説と意味−三国言語観をめぐって
    • 四 『沙石集』の言説と神道・真言・天台、そして禅宗
    • 五 マルチ言語としての三国言語観とハイパー言語としての以心伝心−和歌陀羅尼観のゆくえ
  • 第九章 仏法大明録と真心要決−沙石集と徒然草の禅的環境
    • 一 無住『沙石集』と兼好『徒然草』−その類似と禅的環境
    • 二 聖一国師円爾に於ける『宗鏡録』と『仏法大明録』
    • 三 虎関師錬の『仏法大明録』忌避
    • 四 普門院蔵の宋版『仏法大明録』と古写本が示すこと
    • 五 良遍著『真心要決』における『仏法大明録』引用
    • 六 良遍『真心要決』の成立と円爾そして『仏法大明録』所引のこと
    • 七 「真心」と「妄心」をめぐる『宗鏡録』と『仏法大明録』の位置
    • 八 『真心要決』に対する『仏法大明録』のさらなる影響について
    • 九 『沙石集』の「真心」について
    • 十 無住と円爾−『宗鏡録』と『仏法大明録』をめぐって
    • 十一 無住論の行方−おわりにかえて
  • 第十章 『徒然草』というパースペクティブ
    • 一 『徒然草』前半部と『枕草子』−問題の所在
    • 二 「法師」をめぐる
    • 三 山極圭司の『枕草子』影響論
    • 四 堺本「めでたきもの」と『徒然草』第一段
    • 五 堺本再評価と前田家本独自箇所の位置づけ
    • 六 中世に於ける堺本の流行と『徒然草』
    • 七 堺本から見た「法師」論
    • 八 『徒然草』の地平と視界
    • 九 第一九段から見えること
    • 十 『徒然草』のパースペクティブ−都・あづま・片田舎の発見