サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

プロセス講義刑事訴訟法

プロセス講義刑事訴訟法

  • 亀井 源太郎(著)/ 岩下 雅充(著)/ 堀田 周吾(著)/ 中島 宏(著)/ 安井 哲章(著)
  • イントロダクション
    • 第1節 刑事訴訟法の意義と目的−刑事訴訟法とは何か
    • 第2節 刑訴法の法源
    • 第3節 刑事手続の関与者
  • 第1部 捜査
  • 第1章 捜査の意義および強制捜査・任意捜査
    • 第1節 捜査の意義と原理
    • 第2節 強制捜査−総説
    • 第3節 任意捜査−総説
  • 第2章 捜査の端緒とさまざまな任意捜査
    • 第1節 捜査の端緒
    • 第2節 さまざまな任意捜査
  • 第3章 強制捜査と令状主義
    • 第1節 令状主義の意義
    • 第2節 令状主義の全体像
    • 第3節 令状の役割・機能−個人の自由・権利の保護
  • 第4章 被疑者の身柄確保(1)
    • 第1節 令状による身柄拘束−総論
    • 第2節 逮捕
    • 第3節 勾留
  • 第5章 被疑者の身柄確保(2)
    • 第1節 逮捕と勾留の関係
    • 第2節 逮捕・勾留の効力の及ぶ範囲
    • 第3節 別件逮捕・勾留
  • 第6章 証拠の収集(1)
    • 第1節 物的証拠の収集−総論
    • 第2節 令状請求と実体的要件
  • 第7章 証拠の収集(2)
    • 第1節 捜索差押許可状の執行
    • 第2節 捜索・差押えの範囲
    • 第3節 電磁的記録物
  • 第8章 証拠の収集(3)
    • 第1節 令状によらない捜索・差押え−総説
    • 第2節 令状によらない捜索・差押え−議論の展開
  • 第9章 証拠の収集(4)
    • 第1節 検証・鑑定
    • 第2節 身体検査
    • 第3節 電気通信の傍受
  • 第10章 被疑者の取調べ,被疑者の防御
    • 第1節 被疑者取調べ
    • 第2節 被疑者の防御権
    • 第3節 違法捜査に対する救済
  • 第2部 公訴・訴因
  • 第11章 公訴の提起
    • 第1節 総説
    • 第2節 公訴の提起
  • 第12章 訴因の機能
    • 第1節 訴因と公訴事実
    • 第2節 訴因の特定
  • 第13章 訴因の変更,その要否と可否
    • 第1節 概説
    • 第2節 312条
    • 第3節 訴因変更の要否
    • 第4節 訴因変更の可否
    • 第5節 訴因変更の許否
  • 第3部 公判
  • 第14章 公判手続
    • 第1節 総説
    • 第2節 公判の準備
    • 第3節 公判手続
  • 第15章 公判前整理手続(1)
    • 第1節 公判前整理手続
    • 第2節 公判手続における特例
    • 第3節 期日間整理手続
  • 第16章 公判前整理手続(2)
    • 第1節 総説
    • 第2節 公判前整理手続における証拠開示
  • 第4部 証拠
  • 第17章 証拠法総説(1)
    • 第1節 証拠法とは何か
    • 第2節 自由心証主義
    • 第3節 挙証責任
    • 第4節 証拠調べ手続の概要
  • 第18章 証拠法総説(2)
    • 第1節 証拠の関連性
    • 第2節 情況証拠による事実認定
    • 第3節 科学的証拠の証拠能力
  • 第19章 排除法則
    • 第1節 排除法則の意義
    • 第2節 排除法則の根拠
    • 第3節 排除の基準
    • 第4節 排除法則の展開
    • 第5節 例外法理
    • 第6節 その他
  • 第20章 自白法則(1)
    • 第1節 自白法則とは何か
    • 第2節 自白の証拠能力の限界
    • 第3節 自白法則と排除法則の関係
    • 第4節 自白の任意性立証
  • 第21章 自白法則(2)
    • 第1節 補強法則
    • 第2節 共犯者・共同被告人の供述
  • 第22章 伝聞法則(1)
    • 第1節 伝聞証拠と伝聞法則
    • 第2節 伝聞と非伝聞の区別
  • 第23章 伝聞法則(2)
    • 第1節 伝聞例外の根拠
    • 第2節 被告人以外の者の供述代用書面(321条)
    • 第3節 被告人の供述代用書面(322条)
  • 第24章 伝聞法則(3)
    • 第1節 特信文書(323条)
    • 第2節 伝聞供述(324条)
    • 第3節 再伝聞
    • 第4節 任意性に関する調査(325条)
    • 第5節 同意書面(326条)
    • 第6節 合意書面(327条)
    • 第7節 供述の証明力を争う書面・供述(328条)
    • 第8節 その他
  • 第5部 裁判
  • 第25章 裁判(1)
    • 第1節 総説
    • 第2節 裁判の構成
  • 第26章 裁判(2)
    • 第1節 裁判の効力
    • 第2節 一事不再理効
  • 第6部 上訴・非常救済手段
  • 第27章 上訴・非常救済手段
    • 第1節 上訴
    • 第2節 非常救済手続
  • 第7部 新しい問題
  • 第28章 新しい問題
    • 第1節 裁判員制度
    • 第2節 犯罪被害者
    • 第3節 取調べの適正化
    • 第4節 協議・合意と刑事免責