サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

  • 序論 〈わたし〉という視座からのアプローチ
    • 1 はじめに
    • 2 問題の所在
    • 3 「継承」の実践に携わる人びとが直面する現実
    • 4 「罪意識」の同心円による「死者」の可視化
    • 5 フィールドに現われる〈わたし〉とMさん
    • 6 「被爆者になる」という語り
    • 7 本書の構成
  • 第1章 〈語りえないもの〉と記憶の語り
    • 1 問題の所在
    • 2 被爆者調査史の再検討
    • 3 『反原爆』との差異
    • 4 米山リサによる普遍的言説の無効化
    • 5 言説分析の導入と、その限界
    • 6 ライフストーリー・インタビューから、新たな地平を切り開く
  • 第2章 「長崎」の記憶の地図
    • 1 問題の所在
    • 2 「劣等被爆都市」へのアプローチ
    • 3 重要な仲介役との出会いから、フィールドへ
    • 4 三名の語り手との出会い
    • 5 継承という言説をめぐる語り手の位置関係
    • 6 Tさんとの出会い
    • 7 Yさんとの出会い
    • 8 Mさんとの出会い
    • 9 他者の語りを聞くことを、書くこと
  • 第3章 「被爆体験」の身体的複製
    • 1 問題の所在
    • 2 ふたつの違和感
    • 3 死との遭遇
    • 4 生を回想すること
    • 5 反復する死についての語り
    • 6 死の衝動により現象する〈わたし〉という意識
  • 第4章 被爆体験の言説化
    • 1 問題の所在
    • 2 原爆を語ること
    • 3 被爆遺構めぐり
    • 4 「爆心地」をめぐる媒介者たちの語り
    • 5 原爆の記憶の曖昧化と平和教育
    • 6 「生涯きえん、ものすご根強い」記憶
    • 7 もうひとつの「浦上」
    • 8 「被差別」へのまなざし
    • 9 「ひっかき傷を与える」
  • 第5章 「被爆者になる」ということ
    • 1 「被爆者になる」という立場と、記憶の継承の可能性
    • 2 「被爆者になる」出発点としての〈語りえないもの〉
    • 3 石田忠と福田須磨子、〈わたし〉とMさん
    • 4 罪意識をめぐる円環
    • 5 「被爆者になる」ということ
    • 6 オーラル・ヒストリーによる記憶の継承の可能性