サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 第1章 総説
    • 〈2−1−A〉亀岡誠・鈴木真由美「第四山の手ゾーン−一〇〇倍に拡大した東京西南にライフスタイル・文化のイニシアチブが移動する」(『アクロス』一九八六年五月号、パルコ出版、二三〜四七頁)
    • 〈2−1−B〉長谷川徳之輔『東京の宅地形成史−「山の手」の西進』(住まいの図書館出版局、一九八八年、四五〜五九、一八一〜一八八頁)
  • 第2章 多摩ニュータウン
    • 〈2−2−A〉『多摩ニュータウン開発事業誌 通史編』(都市再生機構東日本支社多摩事業本部、二〇〇六年、一〜二四、四九〜五六、七一〜七六、一〇三〜一〇五、一二五〜一二八、一五三〜一五四、一八五〜一八七、二一五〜二一七、二四三〜二四七頁)
    • 〈2−2−B〉多摩市史編纂委員会編『多摩市史 通史編二 近現代』(多摩市、一九九九年、八〇四〜八二〇頁)
    • 〈2−2−C〉『企画展 多摩ニュータウン開発の軌跡−「巨大な実験都市」の誕生と変容』(パルテノン多摩/公益財団法人多摩市文化振興財団、一九九八年、三五〜四〇頁)
    • 〈2−2−D〉岡巧『これぞ人間試験場である−多摩新市私論』(たいまつ社、一九七四年、七一〜一一八頁)
    • 〈2−2−E〉細野助博・中庭光彦編著『オーラル・ヒストリー 多摩ニュータウン』(中央大学出版部、二〇一〇年、二五三〜三〇四頁)
    • 〈2−2−F〉『稲城市史 下巻』(稲城市、一九九一年、八五〇〜八七〇頁)
  • 第3章 東急多摩田園都市
    • 〈2−3−A〉東京急行電鉄田園都市事業部編『多摩田園都市−開発35年の記録』(東京急行電鉄、一九八八年、一〜二六頁)
    • 〈2−3−B〉東京急行電鉄社史編纂事務局編『東京急行電鉄50年史』(東京急行電鉄社史編纂委員会、一九七三年、六〇三〜六〇七頁)
    • 〈2−3−C〉東急不動産総務部社史編纂チーム編『街づくり五十年』(東急不動産、一九七三年、三三七〜三五八、三七三〜三八二、四〇一〜四一七頁)
  • 第4章 団地研究など
    • 〈2−4−A〉村上さち子ほか「新しき庶民“ダンチ族”−アパート住いの暮しの手帖」(『週刊朝日』一九五八年七月二〇日号、三〜一一頁)
    • 〈2−4−B〉吉沢久子・丸山邦男「団地アパートの町をルポする−むさし野に誕生した霞ケ丘住宅」(臼井吉見編『現代教養全集22 生活の科学』、筑摩書房、一九六〇年、三七八〜三八九頁)
    • 〈2−4−C〉橋爪貞雄『変りゆく家庭と教育−団地文化が予見するもの』(黎明書房、一九六二年、二三〜四四頁)
    • 〈2−4−D〉生活科学調査会編『団地のすべて』(医歯薬出版、一九六三年、五〜二〇八頁)
    • 〈2−4−E〉『住まいのすべて』(京王帝都電鉄、一九六七年、一〇〜一二、六三〜六四頁)
    • 〈2−4−F〉上田篤「貧しき日本のすまい」(『朝日新聞』一九七三年一月三日付)
    • 〈2−4−G〉板橋区史編さん調査会編『板橋区史 通史編 下巻』(板橋区、一九九九年、六七六〜六八八頁)
  • 第5章 東京都三多摩
    • 〈2−5−A〉三鷹市史編さん委員会編『三鷹市史』(三鷹市、一九七〇年、七一六〜七四三頁)
    • 〈2−5−B〉町田市史編纂委員会編『町田市史 下巻』(町田市、一九七六年、一〇六一〜一〇七一、一〇七六〜一〇八六頁)
    • 〈2−5−C〉町田市役所企画部団地白書プロジェクトチーム編『団地建設と市民生活〈団地白書〉本論編・資料編』(町田市、一九七〇年、三〜五八頁)
    • 〈2−5−D〉『日野市史 通史編四 近代(二)現代』(日野市史編さん委員会、一九九八年、三七八〜三九一頁)
    • 〈2−5−E〉『保谷市史 通史編3 近現代』(保谷市史編さん委員会、一九八九年、四七七〜四九八頁)
    • 〈2−5−F〉武蔵村山市史編さん委員会編『武蔵村山市史 通史編 下巻』(武蔵村山市、二〇〇三年、五六九〜五八六頁)
    • 〈2−5−G〉野田正穂「西武鉄道と狭山丘陵開発−東村山文化園から西武園へ」(東村山ふるさと歴史館編『東村山市史研究』第13号、東村山市、二〇〇四年、三一〜五四頁)
  • 第6章 埼玉県
    • 〈2−6−A〉『新編埼玉県史 通史編7 現代』(埼玉県、一九九一年、七一九〜七四五頁)
    • 〈2−6−B〉浦和市総務部行政管理課編『浦和市史 通史編Ⅳ』(浦和市、二〇〇一年、二八六〜三〇一頁)
    • 〈2−6−C〉『川口市史 通史編 下巻』(川口市、一九八八年、六七三〜六八八頁)
    • 〈2−6−D〉所沢市史編さん委員会編『所沢市史 下』(所沢市、一九九二年、六一二〜六二二頁)
    • 〈2−6−E〉日本新都市開発企画室編『日本新都市開発株式会社 社史 昭和59年版』(日本新都市開発、一九八四年、一五〜三八、五一〜一一八、一三〇〜一三五頁)
  • 第7章 千葉県
    • 〈2−7−A〉千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 通史編 近現代3』(千葉県、二〇〇九年、七〇四〜七一五、八〇六〜八一一、八五一〜八五四頁)
    • 〈2−7−B〉新京成電鉄社史編纂事務局編『新京成電鉄五十年史−下総台地のパイオニアとして』(新京成電鉄、一九九七年、一一九〜一三四頁)
    • 〈2−7−C〉千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 資料編 近現代9(社会・教育・文化3)』(千葉県、二〇〇七年、四七八〜五二四頁)
    • 〈2−7−D〉中沢卓実編『常盤平団地40周年記念写真集 常盤平団地40年の歩み』(常盤平団地40周年記念事業実行委員会、二〇〇〇年、一一〜三四頁)
    • 〈2−7−E〉渡邉幸三郎『昭和の松戸誌』(崙書房出版、二〇〇五年、二三九〜二四五頁)
    • 〈2−7−F〉千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 別編 地誌1 総論』(千葉県、一九九六年、四三七〜四五八頁)
    • 〈2−7−G〉京成電鉄社史編纂委員会編『京成電鉄五十五年史』(京成電鉄、一九六七年、三九〇〜四〇五頁)
    • 〈2−7−H〉『昭和のモダン住宅 八千代のテラスハウス−テラスハウスと共に歩んだ家族の記録』(八千代市立郷土博物館、二〇一一年、一〜七頁)
  • 第8章 神奈川県
    • 〈2−8−A〉横浜市総務局市史編集室編『横浜市史 Ⅱ 第三巻(下)』(横浜市、二〇〇三年、三六九〜三八八、四五七〜四六七頁)
    • 〈2−8−B〉『京浜急行百年史』(京浜急行電鉄、一九九九年、四八〜五五、四三〇〜四五〇頁)
    • 〈2−8−C〉『川崎市史 通史編 4上 現代 行政・社会』(川崎市、一九九七年、三六一〜三七九頁)
    • 〈2−8−D〉浜田弘明「戦後相模原の景観構成と産業構造の変化」(相模原市教育委員会教育局生涯学習部博物館編『相模原市史 現代テーマ編 軍部・基地そして都市化』相模原市、二〇一四年、五六六〜五八五頁、五九八〜六三〇頁)