サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

基礎生物科学

基礎生物科学

  • 鷲谷 いづみ(監修)/ 高橋 純夫(編)
  • 1章 生命とは
    • 1.1 生命の誕生・生物の出現
    • 1.2 生命とは
    • 1.3 多様な生物
    • 1.4 多細胞生物の特徴
    • 1.5 生物と環境
    • 1.6 まとめ
  • 2章 生体を構成する物質
    • 2.1 生体を構成する元素
    • 2.2 生体を構成する分子
    • 2.3 脂質
    • 2.4 タンパク質
    • 2.5 タンパク質の機能
    • 2.6 核酸
    • 2.7 活性型担体
  • 3章 細胞の構造と機能
    • 3.1 細胞とは
    • 3.2 顕微鏡と細胞の構造
    • 3.3 生体膜のつくりと膜による細胞内の区画化
    • 3.4 核
    • 3.5 1枚の膜で囲まれた細胞小器官(単膜系細胞小器官)
    • 3.6 複数の膜で囲まれた細胞小器官(複膜系細胞小器官)
    • 3.7 細胞骨格
    • 3.8 鞭毛・繊毛と中心体
    • 3.9 細胞外マトリックスと細胞間の接続
  • 4章 エネルギー代謝
    • 4.1 光合成と呼吸(同化と異化)
    • 4.2 光合成反応とは
    • 4.3 異化
  • 5章 細胞間の情報伝達
    • 5.1 さまざまな細胞間情報伝達
    • 5.2 標的細胞における情報の受容と細胞応答
    • 5.3 さまざまな細胞表面受容体と細胞内情報伝達経路
    • 5.4 細胞内情報伝達経略のスイッチON・OFF機構
    • 5.5 その他の細胞内情報伝達経路
    • 5.6 受容体ファミリーと薬の副作用
  • 6章 細胞周期
    • 6.1 細胞分裂の種類
    • 6.2 細胞周期
    • 6.3 M期の過程と染色体分配
    • 6.4 細胞質分裂
    • 6.5 減数分裂
    • 6.6 MPFと細胞周期エンジン
    • 6.7 細胞周期チェックポイント
  • 7章 DNAの構造と復製
    • 7.1 遺伝情報の物質的本体
    • 7.2 DNAの構造
    • 7.3 染色体とゲノム
    • 7.4 DNA複製の様式
    • 7.5 DNA複製の概要
    • 7.6 DNA複製の分子機講
    • 7.7 DNA分子の末端の複製
    • 7.8 DNAの損傷と修復
  • 8章 遺伝子の発現とその調節
    • 8.1 遺伝子の概念とセントラルドグマ
    • 8.2 転写
    • 8.3 転写開始の分子機構
    • 8.4 RNAプロセシング
    • 8.5 遺伝暗号
    • 8.6 リボソームにおける翻訳
    • 8.7 翻訳開始の分子機構
    • 8.8 転写調節の分子機構
  • 9章 生物のからだを作る仕組み
    • 9.1 動物のからだ作り
    • 9.2 植物のからだ作り
  • 10章 動物におけるエネルギー摂取と呼吸・循環系の仕組み
    • 10.1 消化・吸収と摂食制御
    • 10.2 循環と呼吸
  • 11章 動物における生体制御の仕組み
    • 11.1 神経系
    • 11.2 運動系
    • 11.3 ホルモン
  • 12章 動物における内部環境維持と環境応答
    • 12.1 温度の変化への適応
    • 12.2 生物リズム
    • 12.3 浸透圧調節と腎臓
  • 13章 脳と行動の仕組み
    • 13.1 脳とホルモン(フェロモンを含む)
    • 13.2 脳の性差
    • 13.3 脳とストレス
    • 13.4 脳の可塑性
  • 14章 植物における生体制御の仕組み
    • 14.1 植物にとっての環境
    • 14.2 光,温度,重力への適応機構
    • 14.3 温度環境への適応と温度認識
    • 14.4 重力への応答
  • 15章 植物が必要とする水と栄養
    • 15.1 水環境
    • 15.2 栄養塩環境の認識
    • 15.3 組織,個体における物質輸送
  • 16章 植物と他の生物との関わり合い
    • 16.1 病気と戦う
    • 16.2 微生物との共生
  • 17章 進化の仕組み
    • 17.1 地球の歴史と生物の歴史
    • 17.2 進化論の歴史
    • 17.3 進化の基本メカニズム
    • 17.4 進化と発生
    • 17.5 環境と進化
  • 18章 生物の集団と生態系
    • 18.1 生物集団を取り扱う領域−生態系を理解する
    • 18.2 生態系の構造と機能
    • 18.3 生き物と環境適応
    • 18.4 生物群集の評価の仕方−多様性をどう表現するか?
    • 18.5 生物群集の分布
    • 18.6 生物群集と気候変動
  • 19章 生物の多様性と保全生物学
    • 19.1 生物多様性とは何か
    • 19.2 生物多様性の危機
    • 19.3 保全生物学の登場