サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

遵法責務論

遵法責務論 (法哲学叢書)

  • 横濱 竜也(著)
  • 第一章 序論
    • 一 一応の義務
    • 二 遵法責務とは何をする責務か
    • 三 遵法責務の正当化はいつ成功するか
  • 第一部 法概念と遵法責務
  • 第二章 法は権威である
    • 一 排除理由・置換理由としての権威
    • 二 強行理由としての権威
  • 第三章 法は権威ではない
    • 一 法は一階の理由である
    • 二 理論的権威としての法
    • 三 法内在的価値へ
  • 第四章 最小主義
    • 一 法は理由ではない
    • 二 法内在的価値の否定
  • 第五章 純一性論
    • 一 純一性−法を正当化する責任としての遵法責務
    • 二 純一性論の限界とその教訓
    • 三 小括
  • 第六章 法内在的価値
    • 一 手続的自然法論
    • 二 正義要求論
    • 三 法の支配と政治的責務
    • 四 小括
  • 第二部 政治的責務論
  • 第七章 同意理論
    • 一 同意の諸態様と政治的責務の正当化
    • 二 なぜ同意なのか−政治的責務論の意義
  • 第八章 連帯責務論
    • 一 連帯責務論の定式化と批判
    • 二 連帯責務と不同意
  • 第九章 帰結主義的正当化
    • 一 直接帰結主義による議論
    • 二 間接帰結主義による議論
    • 三 帰結主義的正当化と法内在的価値
    • 四 帰結主義的正当化の限界
  • 第十章 公平性論
    • 一 公平性論の定式化
    • 二 公平性論の射程の限定
    • 三 公平性論擁護の試みとその限界
    • 四 公平性自体は内在的価値ではない
  • 第十一章 正義の自然的義務論
    • 一 正義と現実の統治のへだたり−ロールズ
    • 二 正義の適用問題としての政治的責務問題−ウォルドロン
    • 三 よきサマリヤ人の義務からの議論−ウェルマン
  • 第十二章 統治者に対する敬譲
    • 一 支配権論
    • 二 感謝論
    • 三 統治者に対する敬譲
    • 四 民主制と敬譲−正義要求を保障する制度とは何か