サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 伝統性と革新性をめぐって
    • Ⅰ 本書のねらい
    • Ⅱ イタリア20世紀美術における伝統性と革新性
    • Ⅲ フォンタナ研究の推移
    • Ⅳ 本書の構成と各章の概要
  • 第1章 伝統性の問題
    • Ⅰ ヴィルトとフォンタナの伝統性の問題
    • Ⅱ デ・キリコにおける伝統性の問題
    • Ⅲ ファシズム期における古典への回帰
    • Ⅳ フォンタナの伝統的な彫刻概念の解体
  • 第2章 革新性の問題
    • Ⅰ 未来派における革新性の問題
    • Ⅱ フォンタナの抽象彫刻と一九三〇年代の抽象主義
    • Ⅲ フォンタナの一九三〇年代セラミック作品と戦後の「無」の考え方
  • 第3章 絵画の問題
    • Ⅰ 戦後の抽象絵画
    • Ⅱ フォンタナの絵画の問題と戦後モダニズム
    • Ⅲ フォンタナの絵画「空間概念」
    • Ⅳ 幾何学的抽象からアルテ・ポーヴェラへ
  • 第4章 フォンタナの日本への影響
    • Ⅰ 一九五〇年代におけるフォンタナの受容
    • Ⅱ 一九六〇年代におけるフォンタナの受容
    • Ⅲ 一九六〇年代におけるフォンタナの影響
    • Ⅳ フォンタナの影響とその展開
  • 結論
    • Ⅰ 伝統性と革新性の問題
    • Ⅱ 伝統性と革新性の混在の問題