サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

朝倉化学大系 16 有機遷移金属化学

朝倉化学大系 16 有機遷移金属化学

  • 佐野 博敏(編集顧問)/ 富永 健(編集幹事)/ 徂徠 道夫(ほか編集委員)/ 小澤 文幸(著)/ 西山 久雄(著)
  • 1.有機遷移金属錯体の構造
    • 1.1 遷移金属の種類と有機遷移金属錯体
    • 1.2 形式酸化数と価電子数
    • 1.3 配位子の種類と供与電子数
    • 1.4 18電子則
    • 1.5 18電子則の適用範囲
    • 1.6 錯体の幾何構造
    • 1.7 錯体フラグメントとフロンティア軌道
  • 2.有機遷移金属錯体の結合
    • 2.1 遷移金属の原子価軌道
    • 2.2 配位子の種類と結合様式
    • 2.3 σ結合性配位子をもつ錯体
    • 2.4 π結合性配位子をもつ錯体:end‐on配位
    • 2.5 π結合性配位子をもつ錯体:side‐on配位
    • 2.6 LnX型配位子をもつ錯体
    • 2.7 補助配位子
  • 3.有機遷移金属錯体の反応
    • 3.1 配位子置換反応
    • 3.2 トランスメタル化反応
    • 3.3 酸化的付加反応
    • 3.4 還元的脱離反応
    • 3.5 π−アリル錯体の反応
    • 3.6 酸化的付加を伴わない結合活性化
    • 3.7 カルボニル錯体の反応
    • 3.8 アルケン錯体の反応
    • 3.9 カルベン錯体の反応
    • 3.10 酸化的環化反応
    • 3.11 ノンイノセント配位子の関与する反応
  • 4.遷移金属錯体を用いる有機合成反応
    • 4.1 ヒドリド錯体の関与する合成反応
    • 4.2 アリール錯体,アルケニル錯体の関与する合成反応
    • 4.3 クロスカップリング反応
    • 4.4 アリル錯体の関与する合成反応
    • 4.5 カルベン錯体の関与する合成反応
    • 4.6 メタラサイクル錯体の関与する合成反応
    • 4.7 アルキン,アルケンの関与する合成反応
  • 5.不斉遷移金属触媒反応
    • 5.1 炭素−炭素結合生成反応
    • 5.2 還元反応
    • 5.3 酸化反応