サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

クルーグマン国際経済学 理論と政策 ハードカバー版

クルーグマン国際経済学 理論と政策 ハードカバー版

  • P.R.クルーグマン(著)/ M.オブストフェルド(著)/ M.J.メリッツ(著)/ 山形 浩生(訳)/ 守岡 桜(訳)
  • 第1章 はじめに
    • 国際経済学って何を扱うの?
    • 国際経済学:貿易と金融
  • 第Ⅰ部 国際貿易理論
  • 第2章 世界貿易の概観
    • 誰が誰と貿易するの?
    • 規模が大事:重力モデル
    • 世界貿易のパターン変化
    • 古い法則は今でも使えるの?
  • 第3章 労働生産性と比較優位:リカードのモデル
    • 比較優位の概念
    • 1要素経済
    • 1要素しかない世界での貿易
    • 比較優位をめぐる誤解
    • 多くの財での比較優位
    • 輸送費と非貿易財を追加する
    • リカード・モデルの実証的な裏づけ
  • 第4章 特殊要素と所得分配
    • 特殊要素モデル
    • 特殊要素モデルでの国際貿易
    • 所得分配と貿易の利益
    • 貿易の政治経済:予備的な見方
    • 国際労働移動
    • 第4章補遺:特殊要素の詳細
  • 第5章 資源と貿易:ヘクシャー=オリーン・モデル
    • 2要素経済のモデル
    • 2要素経済同士の国際貿易が与える影響
    • ヘクシャー=オリーン・モデルの実証的な証拠
    • 第5章補遺:要素価格,財の価格,生産判断
  • 第6章 標準貿易モデル
    • 貿易経済の標準モデル
    • 関税と輸出補助金:RSとRDの同時シフト
    • 相対需要と関税の供給効果
    • 国際的な借り入れと融資
    • 第6章補遺:異時点間貿易について詳しく
  • 第7章 規模の外部経済と生産の国際立地
    • 規模の経済と国際貿易:概観
    • 規模の経済と市場構造
    • 外部経済の理論
    • 専門特化した供給業者
    • 労働市場のプール
    • 知識のスピルオーバー
    • 外部経済と市場均衡
    • 外部経済と国際貿易
    • 地域間貿易と経済地理
  • 第8章 グローバル経済の企業:輸出判断,アウトソーシング,多国籍企業
    • 不完全競争の理論
    • 独占競争と貿易
    • 貿易への企業の対応:勝ち組,負け組,産業のパフォーマンス
    • 貿易費用と輸出判断
    • ダンピング
    • 多国籍企業とアウトソーシング
    • 外国直接投資(FDI)をめぐる企業の意思決定
    • 第8章補遺:限界収入を決める
  • 第Ⅱ部 国際貿易政策
  • 第9章 貿易政策のツール
    • 基本的な関税の分析
    • 関税の費用と便益
    • 貿易政策のほかのツール
    • 貿易政策の影響:まとめ
    • 第9章補遺:独占がある場合の関税と輸入割当
  • 第10章 貿易政策の政治経済
    • 自由貿易の支持論
    • 国民厚生から見た自由貿易反対論
    • 所得分配と貿易政策
    • 国際交渉と貿易政策
    • ドーハの失望
    • 第10章補遺:最適関税がプラスだという証明
  • 第11章 発展途上国の貿易政策
    • 輸入代替工業化
    • 製造業びいきの結果とは:輸入代替工業化の問題点
    • 1985年以来の貿易自由化
    • 貿易と成長:アジアの離陸
  • 第12章 貿易政策をめぐる論争
    • 活発な貿易政策を支持する高度な議論
    • グローバル化と低賃金労働
    • グローバル化と環境
  • 第Ⅲ部 為替レートと開放経済マクロ経済学
  • 第13章 国民所得計算と国際収支
    • 国民所得計算
    • 開放経済での国民所得勘定
    • 国際収支勘定
  • 第14章 為替レートと外国為替市場:アセットアプローチ
    • 為替レートと国際取引
    • 外国為替市場
    • 外国通貨資産の需要
    • 外国為替市場での均衡
    • 金利,期待,均衡
    • 第14章補遺:フォワード為替レートとカバーつき金利平価
  • 第15章 貨幣,金利,為替レート
    • お金の定義:概要
    • 個人によるお金の需要(貨幣需要)
    • お金の総需要(総貨幣需要)
    • 均衡金利:通貨供給と貨幣需要の相互関係
    • 短期での貨幣供給と為替レート
    • 長期の貨幣,物価水準,為替レート
    • インフレと為替レートの動態
  • 第16章 物価水準と長期的な為替レート
    • 一物一価の法則
    • 購買力平価(PPP)
    • 購買力平価に基づく長期的為替レートモデル
    • PPPと一物一価法則の実証的証拠
    • PPPの問題点を説明する
    • 購買力平価を超えて:長期為替レートの一般モデル
    • 国際金利格差と実質為替レート
    • 実質金利平価
    • 第16章補遺:価格伸縮的な貨幣的アプローチでのフィッシャー効果,金利,為替レート
  • 第17章 短期的な産出と為替レート
    • 開放経済における総需要の決定要因
    • 総需要の方程式
    • 短期的な産出の決まりかた
    • 短期的な産出市場均衡:DD曲線
    • 短期的な資産市場均衡:AA曲線
    • 開放経済の短期均衡:DD曲線とAA曲線を組み合せる
    • 金融・財政政策の一時的な変化
    • インフレバイアスなど政策形成の問題
    • 金融・財政政策の恒久的シフト
    • マクロ経済政策と経常収支
    • 貿易フローの段階的調整と経常収支の動向
    • 流動性の罠
    • 第17章補遺1:異時点間取引と消費需要
    • 第17章補遺2:マーシャル=ラーナー条件と貿易弾性の実証的推計
  • 第18章 固定為替レートと外国為替介入
    • なぜ固定為替レートなんかを研究するんだろうか?
    • 中央銀行の介入と貨幣供給
    • 中央銀行はどうやって為替レートを固定するか
    • 固定為替レートの安定化政策
    • 国際収支危機と資本逃避
    • 管理フロート制と不胎化介入
    • 国際通貨制度における準備通貨
    • 金本位制
    • 第18章補遺1:資産不完全代替のもとでの外国為替市場均衡
    • 第18章補遺2:国際収支危機のタイミング
  • 第Ⅳ部 国際マクロ経済政策
  • 第19章 国際通貨システム:歴史のおさらい
    • 開放経済におけるマクロ経済政策の目標
    • 通貨システムの分類:開放経済の通貨のトリレンマ
    • 金本位制での国際マクロ経済政策(1870〜1914)
    • 戦間期(1918〜39)
    • ブレトンウッズ体制と国際通貨基金(IMF)
    • 国内均衡と対外均衡を達成する政策オプションの分析
    • ブレトンウッズ体制下のアメリカの対外均衡問題
    • 変動為替レートの支持論
    • 変動為替レートのもとでのマクロ経済的相互依存
    • 1973年以来の教訓とは?
    • 固定為替レートは多くの国にとってそもそも選択肢になり得るか
    • 第19章補遺:国際的な政策協調の失敗
  • 第20章 金融のグローバル化:機会と危機
    • 国際資本市場と取引による利益
    • 国際銀行業務と国際資本市場
    • 銀行業務と金融の脆弱性
    • 国際銀行業務の規制という難問
    • 国際金融市場は資本とリスクをうまく配分できただろうか?
  • 第21章 最適通貨圏とユーロ
    • ヨーロッパの単一通貨はどう発展したか
    • ユーロとユーロ圏の経済政策
    • 最適通貨圏の理論
    • ユーロ危機とEMUの未来
  • 第22章 発展途上国:成長,危機,改革
    • 世界経済の所得,富,成長
    • 発展途上国の構造的な特徴
    • 発展途上国の借り入れと負債
    • 東アジア:成功と危機
    • 発展途上国の危機の教訓
    • 世界の金融「アーキテクチャ」再編
    • 世界資本フローと世界所得分配を理解する:地理が命運を決めるのか?

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む