サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • はじめに
  • この本の読み方
  • おぼえておきたいキーワード
  • 第1章 自分を強くするためのヒント
    • 思い通りにならなかったとき
    • 己を反みる者は、事に触れて皆薬石と成り、人を尤むる者は、念を動かせば即ち是れ戈矛なり。
    • 欠点だらけの自分が嫌い!
    • 地の穢れたるは、多く物を生じ、水の清めるは、常に魚無し。
    • 成長のひけつってなに?
    • 寵利は人の前に居ること毋れ、徳業は人の後に落つること毋れ。受享は分の外に踰ゆること毋れ、修為は分の中に減ずること毋れ。
    • とにかく早く強くなりたい!
    • 磨礪は当に百煉の金の如くすべし。
    • 自分の才能を自慢したい!
    • 徳は才の主にして、才は徳の奴なり。
    • 人格を育てる方法とは…
    • 徳は量に随いて進み、量は識に由りて長ず。
    • コラム そもそも『菜根譚』ってどんなもの?
  • 第2章 人に好かれるためのヒント
    • 人から感謝されたい!
    • 我、人に功有るも、念うべからず。而るに、過たば則ち念わざるべからず。
    • 頭にきた! 許せない!
    • 人の悪を攻むるときは、太だは厳なること毋く、其の受くるに堪えんことを思うを要す。
    • 意見が分かれた! どうしよう?
    • 事を議するには、身は事の外に在りて、宜しく利害の情を悉すべし。
    • 友だちのうわさを聞いたとき
    • 悪を聞きては、就には悪むべからず。
    • 家族のルールって?
    • 家人に過あらば、宜しく暴怒すべからず、宜しく軽棄すべからず。…春風の凍れるを解くが如く、和気の氷を消すが如くす。
    • 自分の意見を押し通したい!
    • 世に処るには、一歩を譲るを高しとなす。歩を退くるは、即ち歩を進むるの張本なり。
    • コラム 『菜根譚』はどんな時代に書かれたの?
  • 第3章 困難を払いのけるためのヒント
    • お説教にはもううんざり…
    • 耳中、常に耳に逆うの言を聞き、心中、常に心に払るの事有らば、纔かに是れ徳に進み行いを修むるの砥石なるのみ。
    • なにもかもうまくいっている!
    • 故に君子は、安きに居りては宜しく一心を操りて以て患を慮るべく、…
    • とってもつらく苦しいとき
    • 達士は、心に払る処を以て楽しみと為し、終に苦心を楽しみに換え得て来たると為す。
    • あれ? なにかおかしいな…
    • 一たび起らば便ち覚り、一たび覚らば便ち転ず。此れは是れ、禍を転じて福と為し、死を起して生を回すの関頭なり。
    • 恐怖と不安でいっぱいだ!
    • 機の動けるものは、弓影も疑いて蛇蝎と為し、寝石も視て伏虎と為す。此の中渾て是れ殺気なり。
    • まわりが気になって焦る!
    • 伏すること久しき者は、飛ぶこと必ず高く、開くこと先なる者は、謝すること独り早し。
    • コラム 『菜根譚』はだれが読むの?
  • 第4章 人生を後悔しないためのヒント
    • 人生ってどんなもの?
    • 天地は万古有るも、此の身は再びは得られず。人生は只百年なるのみ、此の日最も過し易し。
    • 毎日いやなことだらけ…
    • 都て眼前に来たるの事は、足るを知る者には仙境にして、足るを知らざる者には凡境なり。
    • よりよい時間のすごし方って?
    • 熱鬧の中に、一の冷眼を着くれば、便ち許多の苦の心思を省く。冷落の処に、一の熱心を存せば、便ち許多の真の趣味を得。
    • なんのために本を読むの?
    • 書を読みて聖賢を見ざれば、鉛槧の傭為り。
    • 自分の評価が気になる!
    • 我、貴くして、人、之を奉ずるは、此の峨冠大帯を奉ずるなり。我、賤しくして、人、之を侮るは、此の布衣草履を侮るなり。
    • 自分の人生を生きるために…
    • 人生は原是れ一の傀儡なり。只、根蒂の手に在るを要するのみ。一線も乱れず、巻舒自由ならば、行止我に在り。
  • 声に出して読みたい『菜根譚』
  • おわりに