サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章−研究の視角
    • 第一節 〈憧憬〉の発見
    • 第二節 〈憧憬〉の精神史の意義
    • 第三節 史料と構成の概観
  • 第一章−明治期における「美術」の語り方と「美学」の誕生
    • 第一節 「美術」の語り方
    • 第二節 「世界の美術国」という認識
    • 第三節 「批評」の成立
    • 第四節 「書生社会」と「誌友交際」
  • 第二章−高山樗牛・姉崎嘲風におけるドイツ哲学の受容
    • 第一節 高等中学校時代の高山と姉崎
    • 第二節 井上哲次郎の「現象即実在」論
    • 第三節 ケーベル講義と「文明」批判の視座
    • 第四節 「見えざる日本の兵士」の出陣
  • 第三章−日清戦後における〈憧憬〉の萌芽
    • 第一節 高山樗牛の「日本主義」思想と「美学」
    • 第二節 姉崎正治の「日本主義」批判と「宗教学」
    • 第三節 「国民文学」論の展開
    • 第四節 パリ万国博覧会と「美学」
  • 第四章−世紀転換期における〈憧憬〉の精神
    • 第一節 「文明」観のゆらぎ
    • 第二節 「日本美術史」の試み
    • 第三節 「美学」の制度化と「文明批評」
    • 第四節 「美的生活」論と〈憧憬〉
  • 第五章−日露戦争期における〈憧憬〉のゆくえ
    • 第一節 「霊性」の発見
    • 第二節 姉崎正治の「神秘主義」思想
    • 第三節 雑誌『時代思潮』の活動
    • 第四節 「見えざる日本」と姉崎正治
  • 終章−本書の成果
    • 第一節 〈憧憬〉の終焉
    • 第二節 成果と残された課題