サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

プラトンの公と私

プラトンの公と私

  • 栗原 裕次(著)
  • 序章 プラトン哲学と公−私問題
    • はじめに
    • 1 主題
    • 2 古典期アテネの公と私
    • 3 公私をめぐる四つの問題圏
    • 4 考察範囲の限定と本書の構成
  • 第Ⅰ部 プラトン初期対話篇
  • 第1章 プロタゴラス「大演説」(Prt.320c−328d)の公と私
    • はじめに
    • 1 ソクラテスの挑戦
    • 2 神話と民主政
    • 3 理論的説明
    • むすび
  • 第2章 ソクラテスの衝撃とプラトンの継承
    • はじめに
    • 1 ソクラテスの哲学と政治
    • 2 『ゴルギアス』篇のソクラテス,そしてプラトン
    • むすび
  • 第3章 『メネクセノス』篇における公と私
    • はじめに
    • 1 対話篇の主題と冒頭部(234a−236d)の意味
    • 2 エパイノス(237b−246a):〈アテネ〉とは何か
    • 3 パラミュティア(246b−249c):友愛の根拠たる徳
    • 4 ペリクレスの葬送演説との比較
    • むすび
  • 第Ⅱ部 『ポリテイア』篇:公私の調和的結合の生へ
  • 第4章 序(第1巻)
    • はじめに
    • 1 私人ケパロスの正義
    • 2 正義と共同性:ポレマルコスの場合
    • 3 公と私の混合:トラシュマコスの場合
    • むすび
  • 第5章 問題と方法(第2巻)
    • はじめに
    • 1 「グラウコンの挑戦」
    • 2 「ポリスと魂の類比」という方法
  • 第6章 公私の分離:正義論(第2−4巻)
    • はじめに
    • 1 理想的なポリスの建設:あるべき公の創造(第2巻)
    • 2 初等教育論(第2・3巻)
    • 3 〈市民の誕生〉をめぐる物語(第3巻)
    • 4 守護者の「幸福」(第3・4巻)
    • 5 公的な徳(第4巻)
    • 6 魂論と私的な徳(第4巻)
    • むすび
  • 第7章 公私の統一(第5巻)
    • はじめに
    • 1 第一の大波
    • 2 第二の大波
    • むすび
  • 第8章 公私の結合へ:第三の大波(第5・6巻)
    • はじめに
    • 1 「第三の大波」導入部
    • 2 現実のポリスへの視線
    • 3 哲学者とは誰か(第5巻)
    • 4 哲学者「役立たず」論
    • 5 哲学者「大悪党」説
    • 6 哲学者の生きる道(第6巻)
    • 7 〈善〉のイデアの学び(第6巻)
    • むすび
  • 第9章 「洞窟の比喩」(第7巻)
    • はじめに
    • 1 「洞窟」の内と外
    • 2 哲学者の「洞窟帰還」問題
    • 3 教育による最善への接近
    • むすび
  • 第10章 公私の分離・混合・綜合:不正論(第8・9巻)
    • はじめに
    • 1 不正なポリスと不正な人(第8・9巻)
    • 2 不正な生の選択(第8・9巻)
    • 3 生の判定(第9巻)
    • 4 〈自分のポリス〉の建設(第9巻)
    • むすび
  • 第11章 ポリスに生きる人間(第10巻)
    • はじめに
    • 1 詩人追放論:教育論の行方
    • 2 エルの物語:永遠の生を語る意味
  • 終章