サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論 戦く身体としての映画
    • 1 冷戦アジアという連帯と敵対の場
    • 2 国家、リージョン、市場−トランス/ナショナル・シネマ
    • 3 国家、暴力、法からマーケットまで−東アジア・アクション映画の系譜
    • 4 アジアン・マーシャル・アーツ・フィルム−万国の労働者よ、「感覚」によって団結せよ!
  • 第1章 韓国アクション映画のジャンル的源泉と政治的起源
    • 1 ある不穏詩人の夢の地理−金洙映の旅
    • 2 法の起源−四・一九革命と五・一六クーデターの縫合
    • 3 大陸物というジャンルと歴史
    • 4 二つの敵の形象−反共映画と抗日映画
    • 5 「革命裁判」と俠客物
    • 6 韓国アクション映画における暴力の系譜
  • 第2章 戦後日本映画における国民の境界、身体の境界
    • 1 消えた日本人、到来する日本人
    • 2 『羅生門』、来るべき課題としての「普遍」
    • 3 『生きる』ための忘却
    • 4 『忘れられた皇軍』、問いとしての「普遍」
    • 5 『絞死刑』、死刑と戦争の同一性
    • 6 アジア的身体と国家
  • 第3章 戦後日韓の身体障害映画
    • 1 政体と身体、戦後平和国家とポスト植民地分断国家の映画的形象
    • 2 分断国家の政治的身体表象
    • 3 自衛・平和・忘却
    • 4 触覚の共同体−増村保造の『清作の妻』
    • 5 歓喜なき復讐、おかしな悲しみ−林権澤の『恨みの街に雪が降る』と『三国大俠』
    • 6 戦後日本と大韓民国、国家共同体の創出と崩壊
  • 第4章 「アジア映画」という範疇と日本・韓国・香港映画の結合
    • 1 ナショナル・シネマという「国際的」装置
    • 2 「アジア」をめぐる文化的・政治的企画
    • 3 東洋の美学、「自由アジア」の政治性
    • 4 アジア・スペクタクル映画の苦境
    • 5 観客構成体の変化
    • 6 古いアジアと新しいアジア
  • 第5章 トランス/ナショナル・アジア・アクション映画
    • 1 都市下層階級の男性、共有する観客
    • 2 「陽鋼」をめぐる国際的友愛
    • 3 産業化時代のアジア的共通性
    • 4 トランス/ナショナル・アジア・アクション映画
    • 5 ブルース・リーと模倣する身体たち
    • 6 アジアという乗換駅、世界性という終着駅
  • 結論