サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • Chapter 1 Overview of this Book
  • Chapter 2 Between the Binding Theory and Logophoricity
    • 2.1.Binding Theory
    • 2.2.Challenges to the Binding Theory
    • 2.3.Logophoricity
    • 2.4.Antilogophoricity
    • 2.5.Binding vs.Coreference(Covaluation)
  • Chapter 3 Concealed Antilogophoricity:A Case Study of Japanese Pronominal Binding
    • 3.1.Overt third‐person pronouns in Japanese
    • 3.2.Basic Facts
    • 3.3.The(Putative)“Unbindability”of Overt Third‐Person Pronouns:Previous Studies
    • 3.4.The“Bindability”of Overt Third‐Person Pronouns:Previous Studies
    • 3.5.The Antilogophoricity Account
    • 3.6.Summary of the Chapter and Remaining Issues
  • Chapter 4 Antilogophoricity and the Scope of Condition C
    • 4.1.Condition C and Antilogophoricity
    • 4.2.Names as Maximal Antilogophors
    • 4.3.Zibun as a Tool for Locating Potential Logocentric Antecedents
    • 4.4.The Scope of Condition C
    • 4.5.Summary
  • Chapter 5 Conclusion