サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

生物統計学標準教科書

生物統計学標準教科書

  • 寺尾 哲(共著)/ 森川 敏彦(共著)
  • 第1章 はじめに
  • 第2章 数字による要約尺度
    • 2.1 データのタイプ
    • 2.2 グラフ
    • 2.3 数字による要約尺度
  • 第3章 確率分布
    • 3.1 確率分布
    • 3.2 二項分布(binomial distribution)
    • 3.3 正規分布
    • 3.4 標準化
    • 3.5 正規分布表の見方
  • 第4章 標本平均の分布
    • 4.1 統計的推論とは
    • 4.2 標本変動
    • 4.3 標本平均の確率分布
  • 第5章 信頼区間
    • 5.1 平均値の信頼区間(母分散が既知の場合)
    • 5.2 平均値の信頼区間(母分散が未知の場合)
    • 5.3 比率(割合)の信頼区間
  • 第6章 検定と検出力
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 1標本の検定
    • 6.3 1標本:分散既知の場合の母平均μに関する検定の手順
    • 6.4 1標本:分散未知の場合の母平均μに関する検定の手順
    • 6.5 仮説検定時の2つの誤り(過誤)のタイプ
    • 6.6 検出力(power)
    • 6.7 サンプルサイズの推定(例数設計)
  • 第7章 2つの平均の比較
    • 7.1 1標本問題
    • 7.2 2群の平均の比較(2標本問題)
  • 第8章 多群の平均の比較(一元配置分散分析)
    • 8.1 一元配置分散分析(one‐way analysis of variance)
    • 8.2 多重比較(Multiple comparison)
  • 第9章 ノンパラメトリック法
    • 9.1 ウィルコクソン順位和検定
    • 9.2 符号検定
    • 9.3 ウィルコクソンの符号付き順位検定
    • 9.4 クラスカル・ウォリスのH検定
  • 第10章 割合に関する推測
    • 10.1 二項分布の正規近似による推測
    • 10.2 二項分布による正確な推測
  • 第11章 分割表
    • 11.1 データの生成のされ方
    • 11.2 分割表における関連性
    • 11.3 オッズ比の分布
    • 11.4 オッズ比の検定
    • 11.5 2×2分割表の解析
  • 第12章 相関分析
    • 12.1 ピアソンの相関係数
    • 12.2 スピアマンの順位相関係数
    • 12.3 相関係数の解釈
  • 第13章 回帰分析
    • 13.1 回帰分析とは
    • 13.2 回帰式の推定
    • 13.3 回帰式の評価
    • 13.4 回帰係数の評価
    • 13.5 2つの評価法の関係
    • 13.6 残差分析
    • 13.7 推定と予測
  • 第14章 多重2×2分割表
    • 14.1 多重2×2分割表の例
    • 14.2 シンプソンのパラドックス
    • 14.3 オッズ比一様性
    • 14.4 要約オッズ比の推定
    • 14.5 マンテル・ヘンツェル検定
  • 第15章 重回帰分析
    • 15.1 はじめに
    • 15.2 回帰係数の推定
    • 15.3 モデルの評価
    • 15.4 名義変数のコード化:ダミー変数(指示変数)
    • 15.5 交互作用
    • 15.6 多重共線性(multicollinearity)
    • 15.7 モデル選択
    • 15.8 解析例
    • 15.9 まとめ
  • 第16章 ロジスティック回帰
    • 16.1 はじめに
    • 16.2 ロジスティック回帰(モデル)
    • 16.3 回帰係数の推定法
    • 16.4 モデルの評価
    • 16.5 回帰係数の解釈
    • 16.6 解析例
  • 第17章 生存時間解析
    • 17.1 はじめに
    • 17.2 生命表法
    • 17.3 カプラン・マイヤー法(Kaplan−Meier method)
    • 17.4 生命表法とカプラン・マイヤー法のどちらを用いるべきか?
    • 17.5 生存時間中央値
    • 17.6 5年生存率の推定
    • 17.7 生存曲線の比較:ログランク検定