サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

生体分子化学 基礎から応用まで(エキスパート応用化学テキストシリーズ)

生体分子化学 基礎から応用まで (エキスパート応用化学テキストシリーズ)

  • 杉本 直己(編著)/ 松原 輝彦(著)/ 上田 実(著)/ 朝山 章一郎(著)/ 内藤 昌信(著)/ 橋詰 峰雄(著)/ 高橋 俊太郎(著)/ 田中 直毅(著)/ 建石 寿枝(著)/ 遠藤 玉樹(著)/ 津本 浩平(著)/ 長門石 曉(著)
  • 第1章 序章
    • 1.1 生体分子の種類と役割
    • 1.2 生体分子の相互作用
    • 1.3 生体分子の周辺環境
    • 1.4 生体分子のユニークな挙動
    • 1.5 本書の活用法
  • 第2章 有機化学の基礎
    • 2.1 代表的な有機化学反応の分類と官能基
    • 2.2 有機化学反応の反応機構
    • 2.3 有機化学反応の例
    • 2.4 分子間に働く相互作用
  • 第3章 物理化学の基礎
    • 3.1 化学反応とエネルギー
    • 3.2 化学反応の速度
    • 3.3 生命体とエネルギー
  • 第4章 高分子化学の基礎
    • 4.1 高分子の合成法
    • 4.2 合成高分子の化学構造
    • 4.3 高分子溶液の物性
  • 第5章 核酸
    • 5.1 核酸研究の歴史
    • 5.2 細胞内での核酸
    • 5.3 核酸の構造と性質
    • 5.4 核酸の合成法
    • 5.5 ゲノム配列の解析と活用
  • 第6章 セントラルドグマ
    • 6.1 セントラルドグマ誕生に至る歴史
    • 6.2 セントラルドグマにおける反応過程の共通性
    • 6.3 ゲノムDNAの複製反応
    • 6.4 RNAへの転写反応
    • 6.5 タンパク質への翻訳反応
    • 6.6 翻訳後タンパク質の動態
    • 6.7 細胞内の分子環境
    • 6.8 遺伝子発現の調節
    • 6.9 セントラルドグマの化学的な理解
  • 第7章 タンパク質
    • 7.1 タンパク質研究の歴史
    • 7.2 タンパク質の機能
    • 7.3 タンパク質の構造とその解析方法
    • 7.4 タンパク質の性質−安定性,立体構造形成,凝集
    • 7.5 タンパク質の合成と精製
    • 7.6 タンパク質工学
  • 第8章 酵素
    • 8.1 酵素研究の歴史
    • 8.2 酵素および酵素反応の特徴
    • 8.3 酵素の分類
    • 8.4 触媒反応の機構
    • 8.5 酵素の反応速度論
    • 8.6 酵素反応の制御
    • 8.7 酵素活性に関わるタンパク質以外の要素
    • 8.8 酵素工学
    • 8.9 タンパク質以外の酵素
  • 第9章 糖
    • 9.1 糖研究の歴史
    • 9.2 単糖の構造と性質
    • 9.3 二糖および多糖の構造と性質
    • 9.4 複合糖質の構造と性質
    • 9.5 糖質の合成
    • 9.6 糖鎖の分析
  • 第10章 脂質と生体膜
    • 10.1 脂質,生体膜研究の歴史
    • 10.2 脂質の構造と性質
    • 10.3 生体膜の構造と性質
    • 10.4 脂肪と脂質の代謝,生合成
    • 10.5 脂質と生体膜の応用
  • 第11章 天然有機化合物
    • 11.1 天然物研究の歴史
    • 11.2 生体における天然物の役割
    • 11.3 天然物の合成方法(天然物の入手方法と分析方法)
    • 11.4 天然物の応用および活性評価
    • 11.5 天然物ケミカルバイオロジー
  • 第12章 バイオマテリアル
    • 12.1 バイオマテリアル研究の歴史
    • 12.2 バイオマテリアルに求められる性質
    • 12.3 生体適合性とバイオマテリアル
    • 12.4 細胞認識性とバイオマテリアル
    • 12.5 ドラッグデリバリーシステムとバイオマテリアル