サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序章 大学と学知から見る冷戦初期アメリカ
    • 第1節 アメリカ史における大学と学知
    • 第2節 先行研究
  • 第1章 第二次世界大戦期の戦時機関におけるソ連研究の形成と変容
    • 第1節 先行研究と問題の所在
    • 第2節 東欧研究部門と「中立的」・「客観的」研究
    • 第3節 ソ連研究部門の誕生
    • 第4節 ソ連研究の変容
    • 小括 第二次大戦から冷戦へ
  • 第2章 冷戦初期の大学におけるソ連研究の「再編」
    • 第1節 先行研究の検討と問題設定
    • 第2節 戦略情報局ソ連研究部門の終焉
    • 第3節 ソ連研究の「軟着陸」
    • 第4節 「新たな」ソ連研究とその蹉跌
    • 第5節 トロイ計画とハーヴァード大学ロシア研究センターの「再編」
    • 小括 「再編」の位相
  • 第3章 冷戦初期におけるソ連研究の「停滞」
    • 第1節 先行研究の検討と問題設定
    • 第2節 難民調査研究出現の文脈
    • 第3節 ハーヴァード大学と空軍の関係構築
    • 第4節 迷走するRIP
    • 第5節 RIPの中止、「停滞」と人的ネットワーク
    • 小括
  • 第4章 冷戦の展開とソ連研究の途絶
    • 第1節 先行研究の検討と問題設定
    • 第2節 人文・社会科学部の設置構想
    • 第3節 MITにおけるソ連研究の開始
    • 第4節 近代化論の影とソ連研究の途絶
    • 小括
  • 終章 ソ連研究の「遺産」と1950年代後半以降のアメリカ
    • 第1節 ソ連研究の衰退と機関連環の限界
    • 第2節 ソ連研究の凋落と再出発