サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 序章 「文学で」教えるから、「文学を」教えるへ
    • 1.「文学」を教えることは可能なのか
    • 2.芸術としての文学教育の成立を求めて
  • 第1章 文学教育における文学の定義
    • 1.言葉の教育の一環としての文学教育−時枝誠記と西尾実−
    • 2.文学の特殊性とその読みの独自性
    • 3.環境としての文学教育
    • 4.国語科から独立した文学教育の提案
    • 5.国語科教育における文学の定義
  • 第2章 生活における言葉の芸術の役割
    • 1.ある言葉を文学とみなす行為について
    • 2.生にとっての芸術の必要性
    • 3.生にとっての文学の必要性
    • 4.生活における文学の必要性
  • 第3章 芸術を教育する現在的意義
    • 1.芸術と教育のつながり
    • 2.芸術教育により育成される力とその意義
    • 3.言葉の芸術としての文学教育の可能性
    • 4.芸術を教育する意義
  • 第4章 言葉の芸術としての文学教育の可能性
    • 1.言葉の芸術としての文学の定義
    • 2.国語科教育における言葉の芸術としての文学教育の方法
    • 3.言葉の芸術としての文学教育の課題
  • 第5章 言葉の芸術としての文学教育を可能にする評価観
    • 1.言葉の芸術としての文学教育における評価の問題
    • 2.言葉の芸術としての文学教育における評価の検討
    • 3.言葉の芸術としての文学教育に求められる評価観
    • 4.言葉の芸術としての文学教育にできること
  • 終章 「文学を」教える国語教育の可能性