サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章 本研究の意義と方法
    • 第1節 研究主題
    • 第2節 研究の特質と意義
    • 第3節 研究方法と論文構成
  • 第1部 「倫理」カリキュラム改革のための基礎研究
  • 第1章 「市民性教育」としての「倫理」の意義
    • 第1節 市民的資質を育成する「倫理」教育の意義
    • 第2節 「市民性教育」と価値観形成
    • 第3節 「市民性教育」としてのカリキュラム開発の視点
  • 第2章 「市民性教育」からみた「倫理」カリキュラムの現状と課題
    • 第1節 学習指導要領「倫理」カリキュラムのねらい
    • 第2節 「在り方生き方教育」としての「倫理」カリキュラムの課題
  • 第3章 「在り方生き方教育」としての「倫理」単元の改善と課題
    • 第1節 「倫理」単元の類型化の指標
    • 第2節 教養としての価値観理解型単元
    • 第3節 倫理的問題に対する価値観理解型単元
    • 第4節 教養としての価値観形成型単元
    • 第5節 「倫理」単元の課題
  • 第4章 「市民性教育」としての価値観形成学習理論の展開と課題
    • 第1節 価値観形成学習理論の展開
    • 第2節 「開かれた価値観形成」をめざす学習理論
    • 第3節 「社会的合意形成能力」の育成をめざす学習理論
    • 第4節 「合理的な思想形成」をめざす学習理論
    • 第5節 「価値認識を成長させる」学習理論
    • 第6節 価値観形成学習理論の課題
  • 第5章 新たな「価値観形成学習」によるカリキュラム改革
    • 第1節 関連諸学における価値観形成
    • 第2節 新たな学習理論としての「価値観形成学習」
    • 第3節 「価値観形成学習」の目標
    • 第4節 「価値観形成学習」の方法原理
    • 第5節 「在り方生き方教育」と「市民性教育」としての「倫理」学習の対比
  • 第2部 市民的資質を育成する「倫理」カリキュラムの開発研究
  • 第6章 「価値観形成学習」による「倫理」カリキュラムの編成原理
    • 第1節 「倫理」カリキュラム編成の視点
    • 第2節 「倫理」カリキュラムの構造
    • 第3節 「倫理」カリキュラムのデザイン
    • 第4節 「価値観形成学習」の授業構成
  • 第7章 現代社会の倫理的問題と自己の価値観形成を考える単元開発
    • 第1節 単元「エリクソンとサンデルの技−倫理的問題と自己の価値観形成を考える−」の開発
  • 第8章 現代の社会構造における倫理的問題を考える単元開発
    • 第1節 単元「プラトンとその師ソクラテスから学ぶ−民主主義の倫理的問題を考える−」の開発
    • 第2節 単元「ジョブズとゲイツの挑戦−資本主義の倫理的問題を考える−」の開発
  • 第9章 現代の文化構造における倫理的問題を考える単元開発
    • 第1節 単元「山中教授と日野原医師の願い−生命に関する倫理的問題を考える−」の開発
    • 第2節 単元「孫社長とザッカーバーグCEOの描く未来−情報に関する倫理的問題を考える−」の開発
    • 第3節 単元「マータイとカーソンの訴え−環境に関する倫理的問題を考える−」の開発
  • 第10章 現代社会の倫理的問題に対する自己の価値観を形成する単元開発
    • 第1節 単元「オバマとアインシュタインの呼びかけ−倫理的問題に対する自己の価値観を形成する−」の開発
  • 終章 成果と課題
    • 第1節 研究の成果
    • 第2節 今後の課題

教科別学習指導 ランキング

教科別学習指導のランキングをご紹介します一覧を見る