サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

荒木田麗女の研究

荒木田麗女の研究

  • 雲岡 梓(著)
  • 序論
    • 一、荒木田麗女とは何者か
    • 二、先行研究
    • 三、女流文学者としての麗女
  • 第一部 麗女の連歌
  • 第一章 麗女の連歌
    • はじめに
    • 一、麗女と連歌
    • 二、『麗女独吟千句』の概要
    • 三、自注とその引用書目
    • 四、自注の書入れ時期と方法
    • 五、『麗女独吟千句』と『類葉倭謌集』
    • おわりに
  • 第二章 『麗女連歌発句評・麗女独吟百韻』について
    • はじめに
    • 一、『麗女連歌発句評・麗女独吟百韻』の成立
    • 二、『麗女独吟百韻』の概要
    • 三、『麗女連歌発句評』の全体像
    • 四、「句評留書」の概要
    • 五、「天明三年の春連歌千句思ひ立し発句評書」の概要
    • 六、伊勢連歌壇と麗女
    • おわりに
  • 第三章 麗女と連歌会
    • はじめに
    • 一、中世の女房連歌師と連歌会
    • 二、奈良の連歌会
    • 三、豊宮崎文庫月次連歌会
    • 四、草堂月次連歌会
    • おわりに
  • 第二部 麗女の擬古物語
  • 第一章 麗女の擬古物語執筆方法
    • はじめに
    • 一、「あやめ」と『宇津保物語』
    • 二、「朝顔」と『源氏物語』
    • 三、『五葉』の典拠利用法
    • おわりに
  • 第二章 歴史物語『池の藻屑』の特徴
    • はじめに
    • 一、『池の藻屑』の諸本について
    • 二、『池の藻屑』の先行研究
    • 三、武人の「平安朝化」
    • 四、戦闘場面の描写
    • 五、『池の藻屑』の執筆姿勢
    • おわりに
  • 第三章 『池の藻屑』の馬琴評
    • はじめに
    • 一、『池の藻屑』『月の行方』の評価
    • 二、馬琴の『池の藻屑』入手の経緯
    • 三、馬琴による『池の藻屑』評
    • 四、麗女の北朝正統論と節用集
    • 五、『開巻驚奇俠客伝』とのかかわり
    • おわりに
  • 第三部 麗女と和学
  • 第一章 麗女と宣長
    • はじめに
    • 一、『野中の清水』論争の発端と先行研究
    • 二、論争の経緯と『本居宣長慶徳麗女難陳』
    • 三、『本居宣長慶徳麗女難陳』にみる麗女と宣長の応酬
    • 四、宣長の添削・批評と麗女の反論
    • 五、宣長の誤り
    • 六、『本居宣長慶徳麗女難陳』同時代評
    • 七、麗女の学問観
    • おわりに
  • 第二章 麗女と草廬
    • はじめに
    • 一、麗女と草廬の交流
    • 二、『真字古今集をあげつろひし詞』
    • 三、真淵・草廬・麗女の関係
    • 四、草廬・麗女の歌風
    • 五、麗女と和学者
    • おわりに
  • 第三章 『真字古今集をあげつろひし詞』の検討
    • はじめに
    • 一、『古今和歌集真名本』について
    • 二、『古今集真名字解』について
    • 三、『古今集真名字解』の底本
    • おわりに
  • 第四部 麗女の紀行文・漢詩
  • 第一章 紀行文『初午の日記』と『後午の日記』について
    • はじめに
    • 一、『初午の日記』の概要
    • 二、文人との交流
    • 三、『初午の日記』の描写
    • 四、『後午の日記』の概要
    • 五、『初午の日記』と『後午の日記』
    • おわりに
  • 第二章 麗女の漢詩
    • はじめに
    • 一、麗女と漢詩
    • 二、麗女の家族と漢詩
    • 三、麗女の詩風
    • 四、漢詩人による麗女評
    • 五、麗女の自己評価
    • おわりに
  • 第五部 荒木田麗女年譜稿
  • 資料編
    • 一、『麗女独吟千句』翻刻
    • 二、『をだまき』翻刻と解説
    • 三、『真字古今集をあげつろひし詞』翻刻
    • 四、『豊臣の辞・大江の賦』翻刻と解説
  • 結論